イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・子育てについて発信する雑記ブログです

ディズニーランドを3歳児と回る!楽しみ方や回り方のコツを紹介

ディズニーランドに3歳児を連れて遊びにくときの楽しみ方

「3歳児を連れたディズニーランドの回り方のコツや楽しみ方を知りたい!」

とお悩みの方に向けて記事を書きました。

 

こんにちは、うさぎです。

 

3歳1カ月の息子とディズニーランドに遊びに行ってきました!

朝7時に家を出て、9時に入園。夜の20時までたっぷり遊んできましたよ♪

 

 

3歳児連れのディズニーランドは、あらかじめ計画を立てておき、パーク内では臨機応変に余裕を持って回るのがおすすめ。

 

まだまだやんちゃ盛りな3歳児連れのディズニーランドは、大変だけどとっても楽しいですよ♡

 

本記事では、3歳児とディズニーランドを楽しむ方法を紹介していきます。

少しでもあなたの参考になりますように。

3歳児とディズニーランド!楽しみ方と回り方のコツ

 3歳児と楽しむディズニーランドの楽しみ方&回り方のコツは下記のとおりです。

 

  • あらかじめ計画を立てておく
  • 臨機応変に余裕を持って回る
  • トイトレ中の場合、オムツをさせておく
  • ベビーカーは必須
  • お昼寝の時間を確保する

 

詳しく説明していきます!

あらかじめ計画を立てておく

ディズニーランドのレストランで3歳児と一緒に食べたメニュー

3歳児を連れてディズニーランドに行くのなら、あらかじめ計画を立てておくことをおすすめします。

 

なぜなら、行き当たりばったりで回ると無駄に体力を消耗してしまうから。

 

イヤイヤ期が抜けていない子も多く、自己主張が激しい3歳児とのディズニーランドは想像以上に大変です。

 

  • 乗りたいアトラクション
  • ランチとディナーのレストラン
  • 見たいショー
  • おみやげを買うタイミング

 

など、おおざっぱでもいいので考えておきましょう。

 

3歳児におすすめのアトラクションについては、ディズニーランドで3歳児が楽しめる乗り物!体験談つきで紹介の記事でお話しています。

 

また、アトラクションを回ったりランチとディナーを食べたりする時間も大まかに決めておくと行動しやすくなりますよ。

 

今回私たちは混雑を避けて、以下の時間で食事をしました。

 

  • ランチは11時頃(プラズマ・レイズ・ダイナー)
  • ディナーは17時頃(ラザパビリオン・レストラン)

 

早めの時間帯に座席数が多めの店舗を狙うと、混雑も回避しやすいですよ♪

臨機応変に余裕を持って回る

計画をたてたとしても、全て遂行できるわけではありません。

 

トイレに時間がかかったり、アトラクションの待ち時間が想像以上に長かったりすると計画通りにはいかないことも。

 

なので、余裕を持って行動するのがおすすめ。

 

計画は立てたけど乗れないアトラクションも出てくるし、ショーがみられないかもしれませんが、仕方ありません。

 

「これだけは譲れない!」

 

というものだけは達成できるよう頑張りましょう♪

 

ちなみにわが家は、今回ダンボに乗りたかったのですが時間的に断念しました。

 

なぜならミートミッキーを優先したから!!

 

次回はダンボを優先して、ディズニーランドを回れたらなと思います^^

 

また、キッズダンスプログラムのジャンボリー・ミッキーにも参加予定だったのですが雨のため中止に。涙

 

かわりにのんびりとランチタイムを楽しみました。

トイトレ中の場合、オムツをさせておく

トイレの便器に座る猫
Alexas_FotosによるPixabayからの画像

 

  3歳だと、現在トイトレ真っ最中という子も多いかもしれません。

 

「普段はパンツをはかせている」

 

という場合でも、念のためオムツをはかせておくといいかと思います。

 

なぜかというと…

 

  • トイレが混んでいる
  • アトラクションの待ち時間が長くてトイレに行けない
  • トイレまで遠くて我慢できない

 

ということが起こるかもしれないから。

 

私の息子も3歳前にはオムツがとれたのですが… ギリギリまでトイレを我慢する癖があるので念のためディズニーランドにはオムツをはかせていきました。

 

結果的にディズニーランド内で一回もオムツは汚しませんでした。

 

しかし、結構ギリギリの場面もあったので、はかせておいてよかったと思います。

お昼寝の時間を確保する

お昼寝をする幼児

まぽさんによる写真ACからの写真

 

子どもの体質や、起きた時間にもよるかもしれませんがディズニーランド内でもしっかりとお昼寝をさせるのがおすすめです。

 

なぜならお昼寝をすることで

 

  • 親が休憩できる
  • 子どもが眠くてぐずったりハイテンションになったりしない

 

から。

 

私の息子は眠くなるとぐずったり、おかしなテンションになってそこら中を走り回ったりします…。

 

とっても面倒なんですよね。

 

なんとか寝てもらうために、朝は6時前に起こし、ディズニーランド内をたくさん歩いてもらいました。

 

そしてお昼ごはんを食べたあとにベビーカーに乗せ、園内をお散歩。

 

するとものの数分で眠ってくれました♪

 

眠らなかったら、ベビーカーのまま乗船できるマークトウェイン号に乗せて寝かしつけようと思っていたのですが、必要なかったようです。

 

息子はたっぷり2時間お昼寝。

 

この間に私はお土産を購入し、残った時間はお店でコーヒーを飲みながら休憩することができました。

 

息子もお昼寝後はまた元気いっぱいにアトラクションに乗れて終始ご機嫌!

 

できることならお昼寝はさせた方がお互いのためにいいですね。

 

ぜひ、ディズニーランドに3歳と行くならベビーカーは必須!レンタルより持ち込みがいい理由の記事も参考にしてくださいね。

3歳児とディズニーランドの食べ歩きを楽しむ

3歳の子どもとディズニーランドで食べたメニューのまとめ

 3歳児におすすめの食べ歩きメニューは下記の通り。

 

  • ポップコーン(ソルト)
  • チュロス
  • スプリングロール(エッグ&シュリンプ・ピザ)
  • スウィートハート・カフェのパン
  • フレッシュフルーツカップ
  • ワッフル

 

などなど。

 

常に食べ物を常備していると、子どものぐずり対策にもあるのでおすすめです^^

 

「甘いものやしょっぱいものばかりじゃ、栄養が偏っちゃう…」

 

と心配なママさんには、フレッシュフルーツオアシスのフレッシュフルーツカップがおすすめですよ♪

ビタミンがしっかりとれちゃいます!

 

私のイチオシは、スウィートハート・カフェのパン!

 

ディズニーランドについたら、早めの時間に必ず何種類かパンを購入します。

 

子どもがお腹が減ったとグズったときもサッと食べさせてあげられるし、お土産にもできちゃうのがおすすめのポイント♡

 

見た目だけじゃなく、味がおいしいのもうれしい!!

まとめ:ディズニーランドに3歳児連れ!楽しみ方のコツは計画を立てること

ディズニーランドを3歳児と楽しむポイントまとめです!

 

  • あらかじめ計画を立て、臨機応変に余裕を持って回る
  • トイトレ中の場合、オムツをさせておく
  • お昼寝の時間を確保する
  • ポップコーンやパンなどを常に持っておくとグズり対策にもなる(栄養が気になるようならビタミンたっぷりフルーツカップがおすすめ)

 

まだまだイヤイヤ真っ最中の子も多いと思いますが、しっかりと準備を整えてパーク内では臨機応変に挑めば大丈夫!

 

ご家族揃ってディズニーランドを楽しんできてくださいね♡

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。