イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

子育て中のメイク!時短テクニックと子どもに邪魔されないコツ4つ!

更新日:2019年3月15日

育児中のメイクを子どもに邪魔されないようにするコツ

こんにちは、うさぎです。

 

子育て中って、本当に自分の時間を作るのが難しいですよね。

 

「子どもが生まれる前はバッチリお化粧していたのに、最近はスッピンばかり」

「産後は子どもがグズったり邪魔してきたりしてお化粧する時間がとれない」

 

なんていうママは多いのではないでしょうか。かくいう私もそうでした(;^ω^)

ということで本記事では

 

  • 子育て中の簡単な時短メイクテクニック
  • 子どもにメイクを邪魔されないコツ4つ

 

をお話していきます!メイクをするといつもの毎日も楽しく過ごせちゃうかも?キレイになりたいママさんはぜひ参考にしてください♪

こちらの記事もどうぞ

エイジングケアはいつから?30過ぎたらとりあえず無印の導入化粧液を使ってみて! 

DHCのまつ毛美容液の効果は?2年使っている私が正直レビュー!高コスパでたっぷり使えちゃう♡

【マキアレイベル薬用クリアエステヴェール】色に悩むなら混ぜてみて!成分やカバー力もご紹介♪

子育て中のメイクは基本時短で!

メイクをする女性

子育て中にメイクをするにあたって一番大切なのは、1秒でもメイクを早く終わらせること。

 

産前は、メイクと髪のセットに2時間近くかかっていた私も、今や10分ほどで全てを終わらせることができます。

 

子育て中に使える、簡単な時短メイクテクニックをサクッと紹介するので読んでみてくださいね。

髪とネイルは夜のうちに!

なにかと忙しい朝に、バッチリメイクをするのは大変です。できることは子どもが寝た夜のうちに済ませてしまいましょう。

 

  • 髪の毛は軽くブローをするか、ヘアアイロンで伸ばす
  • 寝る前にカーラーで巻く
  • ジェルネイルやマニキュアを塗る

 

髪をブローするときにオススメなのが、クレイツのホットブローブラシです。くせ毛の私はいつもストレートアイロンで髪を伸ばしていたのですが、これを買ってから使わなくなりました。

 

ブラッシングするだけで髪がナチュラルにまっすぐになるという、かなり時短化される優れもの。

 

ベリーショートとか、もともと直毛の人には必要ないかと思います。くせ毛でボブ以上の長さがある人、あと肩に当たると髪が跳ねちゃう人にもオススメ。

 

あと、髪を巻くならコテよりカーラー!これホントらくちん。夜寝る前にセットするだけで朝ナチュラルにクルンと仕上がります。

 

100均のスポンジカーラーでもいいのでひとつ持っておくと重宝しますよ。コテを使うよりも傷みにくいのが魅力のひとつ。

 

子育て中は、爪のお手入れも夜しかできないですよね…。マニキュアを塗った直後に子どもの夜泣きがはじまり、抱っこしてネイルがよれてしまうことってあります。

 

私はしょっちゅうでした。(笑) なので、旦那さんが夜泣き対応してくれる日に、ネイルのケアをしましょう!

 

ネイルもすぐに乾くものを選ぶのがオススメですよ。

 

まつエク・アートメイクをする

これは、お金と時間がある人限定になってしまうのですが、めちゃめちゃオススメ。ちなみに私はやっていません(・_・;)

 

まつエクは産前にやっていたのですが、今はマスカラのみです。眉毛のアートメイクはとても興味があるので、近いうちにチャレンジしてみよう、と思っています^^

 

毎日のメイクで、眉毛とアイラインを書かなくていいなんてかなりの時短になりそうですよね。あぁ~!!!やりたい!!

時短できる化粧品を使う

今はとても便利な化粧品がたくさん市場に出回っています。

 

なにかと忙しい子育て中、ドラッグストアやデパ地下に出向かなくても、ネットでポチればすぐに化粧品がお家に届くという素晴らしい時代です。

 

これを活用しない手はありませんよね。時短が叶うオススメの化粧品は以下の通り。

 

  • 眉ティント
  • BBクリームとCCクリーム
  • クッションファンデ 

 

少し前に話題になった眉ティント。「聞いたことある!」「もう使ってるよ」という方も多いのではないでしょうか。

 

眉ティントは、一度塗ったら数日持つことで有名な韓国初のコスメ。なんと7日間ももつ商品もあるんですよ♪「アートメイクはちょっと…」という方は、眉ティントを試してみるのもオススメです。

 

落ちにくい眉ティント【MAYU LINE】

 

下地にコントロールカラー、コンシーラーにファンデーション。もうベースメイクって段階が多すぎて時間がかかる!ベースメイクこそ時短させるべきですよね、ほんとに。そこでオススメなのがBBクリームとCCクリーム。

 

日焼け止め・下地・ファンデーションが1本で済みます。CCクリームの方がBBクリームよりもナチュラルなので、好みによって使い分けてくだいね^^

 

 

子育て中のメイクを子どもに邪魔されないコツ

子どもにメイクを邪魔される母親

どんなにメイクの時短化をしたとしても、子どもに邪魔をされてしまっては意味がありませんよね。次は、貴重なメイク時間を子どもに邪魔されないコツを4つ紹介していきます!

おやつをあげる

この方法、食いしん坊の子には一番効果があるのではないでしょうか。とにかく、子どもに食べ物をあげちゃう方法。

 

でも、毎日毎日メイクをするたびにお菓子を与えるのって、なんだか体に悪そうだし、親としては習慣化させたくないですよね。

 

なので、気になる方は、与える食べものをフルーツ・さつまいもなど、少~し健康志向なものにしてみましょう。

 

バナナなんかは、栄養満点だし、簡単にあげることができちゃいますよね。

 

ここだけの話、私は子どもの朝食時に隣でササっとメイクを済ませちゃうことも…(;^ω^)マナーの観点からよくないかなぁと思うので、こちらは善処します!!汗

お化粧する隣でお絵かきやシールブック

同じテーブルでママはお化粧、子どもはお絵かきという方法もオススメです。

 

私の息子は1歳を過ぎてからお絵かきに興味を示しだしました。お絵かきに集中してくれるとママは少しだけ楽になりますよね。

 

あとはシールブックなんかもいいです。 ペタペタと自分の好きなようにシールを貼るのが楽しいようで、集中してくれる確率が高い遊びです。

 

赤ちゃんがクレヨンやシールを誤飲をしないように、しっかりと目を光らせながらお化粧をしていきましょう♪

 

また、集中してくれる子なら、レゴで遊んでいる隙にお化粧するのもありです!

www.itigonousagi.com

 

安全なメイク用品を持たせる

オヤツいらない!お絵かきもシールブックも飽きたぁぁあ!という子には、もうママのメイク用品を渡してしまうのがオススメ。

 

とはいえ、なんでもかんでも渡してしまってはダメなんです。メイク用品って、アイライナーのキャップやビューラーのゴムの部分など誤飲の危険性になるものが多いですよね。

 

ママが安全だと判断したものだけ渡してあげるようにしましょう。

 

いつも私が子どもに触らせるメイク用品は以下の通り。

 

  • プレストパウダーなどをつけるときに使うフワフワしたパフ
  • 下地やリキッドファンデーションが入ったチューブ型のケース(開けられないようにね)
  • ゴムをとったビューラー

 

私の息子は、この3点がお気に入りです。安全とは言え子どもは予期せぬ行動を起こす可能性があります。必ず同じテーブルに座っているときに、少し触らせてあげる程度にしましょうね。

 

それだけでも「ママと一緒のものを触ってる~!」と満足してくれるんです。子どもがメイク用品に飽きてしまう前に、ササっとメイクを終わらせましょう!

 

ちなみに最近息子は、上記であげたメイク用品を気に入ってはいるものの、少し飽き気味…。最近では、もっぱら次の項目であげる方法に夢中です。

テレビやYouTubeを活用

現代に子育てしててよかった…。テレビ・YouTube・アマゾンプライムに感謝しかありません。子どもにテレビをみせることに批判的な意見もありますが、私は賛成派です。

 

そりゃ極端に1日中、食事中はおろか、朝から晩まで見せるなんていうのは反対ですが、うまく使う分には問題ないと思います◎

 

我が家では、私が朝の家事とメイクをする1時間~1時間半くらいはテレビ(Eテレ)か、YouTubeを見させていることが多いです。

 

こんな便利なもの、使わないと損です。上手に使って、朝のメイクをちゃちゃっと済ませちゃいましょう♡

 

まとめ:子育て中のメイクはとにかく時短!便利なメイク用品も駆使しよう

子育て中に自分のメイクをするのは、本当に時間との戦いですよね。子どもが寝静まった夜にできる限りの準備は済ませて、朝のメイク時間を短くするのが一番のポイントです。

 

メイク時間の時短ができたら、あとは子どもをどうするか。メイクをする少しの間、子どもの意識を他に向けましょう。

 

メイクを子どもに邪魔されないコツ
  • おやつをあげる
  • お絵かきセット、シールブックで遊ばせる
  • 安全な化粧品を持たせてあげる
  • テレビやYouTubeを見せる

 

どれも子どもから目を離さないことが前提です^^

 

上手に時間を使って、なんとか子どもをごまかしながら…笑 お気に入りのメイクをして、素敵なママになっちゃいましょう♪

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。それでは(^▽^)/