イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【岩手県奥州市】焼石クアパークひめかゆに宿泊!熱い温泉を楽しむコツと子連れに優しいポイント!

焼き石クアパークひめかゆの子連れに優しいポイント

こんにちは!うさぎです!先日、1歳10か月の息子を連れて、岩手県奥州市にある焼石クアパークひめかゆに宿泊してきました。熱くてヌメリのある温泉と個室の食事処。やさしいスタッフの方々の接客に、身も心も癒されちゃいました。

そこで本記事では

  • ひめかゆの子連れにうれしいポイント(まとめに記載しています)
  • 熱くてヌメリのある温泉に、幼児と一緒に入るコツ

を、実際に宿泊した感想を含めて紹介していきます!本記事を岩手県観光の参考にしていただければさいわいです♪ 

子連れ旅行の持ち物チェックは下記の記事でどうぞ!

www.itigonousagi.com

宿泊専用の「ほっと館」と日帰り温泉専用の「ゆうゆうプラザ」

焼石クアパークひめかゆには、宿泊施設のみならず、日帰り温泉施設も併設されています。入口も分かれているのですが、私たちは間違えて日帰り温泉「ゆうゆうプラザ」に入ってしまいました(;^ω^)

焼石クアパークひめかゆの入口

ひめかゆの宿泊施設はこちらの「ほっと館」

日帰り温泉を利用しているのは、地元の方が多かったように思います。平日だというのに結構な混み具合!!人気の温泉施設のようです♪

清潔感のあるロビー

焼石クアパークひめかゆのロビー

ロビー

宿泊施設の「ほっと館」に入ると、明るく清潔感のあるロビーがお出迎え。フロントの女性も笑顔がステキで、とても好印象♪

フロントスタッフはひとりしかいないように見受けられましたが、丁寧に部屋まで案内してくれました。

ちなみに靴はロビーで靴箱に入れるスタイルだったので、1歳10か月の息子は館内を裸足で歩けてうれしそうでしたよ♡(スリッパもなく、部屋に足袋がありました)

日帰り温泉施設「ゆうゆうプラザ」も利用できる!

宿泊客は、日帰り温泉のお風呂も利用できるとのこと。私たちは今回は利用しませんでしたが、サウナやプール(夏季限定)なんかもあるそうです♪

日帰り温泉のお風呂には入りませんでしたが、せっかくなのでロビーにちょっと寄ってみました。

焼石クアパークひめかゆのゆうゆプラザのロビー

焼石クアパークひめかゆのゆうゆプラザのロビーのゲーム

ゆうゆうプラザのロビー

広々としていて、テレビやゲームもあります。

焼石クアパークひめかゆのゆうゆプラザのおみやげ屋さん

おみやげ屋さん

おみやげもたくさん売っていました♪お新香系が多くて、どれもおいしそうでしたよ(^^)

ひめかゆの客室は?

続いて、ひめかゆの客室について紹介していきます。

ちょっと狭いのががちょうどいい

焼石クアパークひめかゆの部屋の机とイス

焼石クアパークひめかゆの部屋

客室

 案内された部屋は、6畳の3人部屋。第一印象は「ちょっと狭いかな?」と思いましたが、小さな1歳10か月の子どもと、主人・私の3人だったので結果的にちょうどいい広さでした♪

4人だと8畳、5人だと10畳の部屋に通してくれるそうです。

お茶請けがたくさん

お部屋には、

  • お茶セット
  • おしぼり
  • お茶請け

がおいてありました。

焼石クアパークひめかゆのお茶請けとごぼう茶

お茶請けとごぼう茶

いろんな種類がある~!!!海鮮系のおせんべい・ちびきゅう、ごぼう茶。ごぼう茶は食べ物ではないですが…。

この中で、一番おいしかったのが、ちびきゅう!!名前のとおり小さ~いキュウリのお新香なんですが、青唐辛子が効いておいしい。

カリカリ歯ごたえもいい♪ご飯はもちろんお酒(私は日本酒かな)のおつまみにもオススメです。というわけで、旅行中にポチリと購入してしまいました笑

そういえば、ひめかゆのおみやげ屋さんにも売っていたかも?何はともあれ、東北地方って漬物系がとてもおいしい気がします。

しょっぱすぎるのは苦手なので、ほどよい塩気のお漬物でオススメがあれば教えてください^^

洗面台がふたつ

ちょっとおもしろかったのが、洗面台がふたつあったところ。

焼石クアパークひめかゆの広い方の洗面台

焼石クアパークひめかゆの洗面台

向かい合った洗面台

色々ごちゃっとしていてすいません(;^ω^)ふたつある洗面台のおかげで、朝の身支度をするとき主人と洗面台の取り合いにならなくて済みました笑

あと、赤ちゃん連れのときには哺乳瓶やマグを洗ったりするのにも、洗面台がふたつあると便利そうだな~と感じました。

食後にはフカフカのお布団が敷いてある

あとで詳しくお話しますが、ひめかゆって宿泊料金とってもお安いんです。私は関東近郊の宿に宿泊することが多いのですが、お安い料金で泊まれる宿って、「布団は自分で敷いてください」ってところが多いんですよね。

※あくまでも私の体験談です!

でも、ひめかゆは私たちが夕食を食べている間に、ちゃんとお布団を敷いておいてくれました。ご飯食べて温泉入って寝るだけ~♡って本当幸せです。

熱くてヌメリのある温泉

焼石クアパークひめかゆの女湯入口

女風呂の入口

ひめかゆのイチオシポイントは、熱くてヌメリのある温泉です!泉質はナトリウム塩化物泉。美肌の湯とも言われているそうです。

たしかに、お湯がトロトロしていて独特のニオイがあり、湯上りは肌がスベスベになりました♪

そして、温泉の温度が高い!!熱いんです! ちょっと浸かっただけで、寝るまで体がポカポカしていました。

オムツのとれていない幼児を入れるポイント

ひめかゆに客室風呂はありません。なので、赤ちゃんも幼児も大浴場のお風呂に入ります。もちろん、オムツのとれていない子どもでも、大浴場に入れるので安心してくださいね。

さて、熱めの温泉に幼児を入れるにはどうしたらいいのでしょうか。下記にポイントをまとめました!

  • 水で薄めたお湯でかけ湯をする
  • 足だけつからせるなど、徐々にお湯に慣らす
  • どうしても入りたがらなかったら、無理に入れない

私の1歳10か月の息子は温泉が大好きなのですが、さすがにひめかゆのお湯は熱かったようで、お風呂の端に座って足だけつかっていました。

足湯のように浸かっているのが楽しかったらしく、ずいぶん長いこと温泉を楽しんでいましたよ笑 もちろん朝風呂もして、幼児特有のツルツルのお肌がますますツルツルに♪

※マナーの観点から、オムツのとれていない乳幼児を大浴場に入れるときは、しっかりと排泄を済ませてからいれるようにしましょうね。

食事は個室で岩手県の郷土料理を堪能

続いて、ひめかゆで食べたおいしい食事と食事処についてお話していきます。

ご飯とお餅!?ボリューム満点の夕食

夕食は個室の食事処でいただきます。落ち着いて座っていられない幼児には、個室はとてもありがたい♪ 個室には、洗面台・テレビも完備。まるでお部屋食のようですね。

食事に飽きた1歳10か月の息子は部屋中走り回ったり寝転んだりしていました。他のお客さんに迷惑をかけずに済んだので、私たちもゆっくりと食事を楽しむことが出来ました!

食事は旬の食材を使った懐石料理です。

焼石クアパークひめかゆの夕食

夕食

このほかにも、

  • 揚げたての天ぷら
  • 茶碗蒸し
  • 汁物
  • 古代米
  • デザート

などをいただききました。驚いたのがこちら。

焼石クアパークひめかゆの夕食にでたお餅

エゴマのおもち

わー!おもち!!エゴマ風味のお餅が出てきました!岩手の一関市や奥州市では、普段からお餅を食べる文化があるそう。ご飯にお餅に、もうお腹は破裂寸前です…笑 でも、おいしかった♪

息子は、

  • さつまいもの甘露煮
  • 茶碗蒸し
  • 古代米
  • 天ぷらの中身(海老や野菜)
  • 汁もの

などを私とシェア。ご飯は古代米だったのですが、スタッフの方が気をつかってくれて息子のために白米を用意してくれました♪ありがとうございます^^

シンプルな朝食バイキング

朝食はとってもシンプルなバイキング。場所は食堂のような場所でした。品数も少ない。けれど、私は朝ごはんをそんなに食べられる方じゃないので、ちょうどよかったかなぁと思っています。

炊飯器の前で、女性のスタッフの方がごはんをよそってくださいました。

焼石クアパークひめかゆの朝食

朝食

 真ん中の焦げたものは、私が焼きすぎてしまったロールパンです。

息子は、

  • ロールパン
  • トマト
  • ヨーグルト

をおいしそうに食べていました。家族全員でハマったのが、このヨーグルト!

焼石クアパークひめかゆの朝食で食べたヨーグルト

トロトロのヨーグルト

カスピ海ヨーグルトのように粘りがあって、とてもおいしかったです。そういえば昨日の夕食のデザートとしても出ていたっけ。3人でたくさんおかわりしちゃいました♪

さて、たくさん食べたら観光に出発です!私たちはえさし藤原の郷に遊びに行きましたよ~。

 

www.itigonousagi.com

 

とってもお得な宿泊料金

さてさて、ひめかゆの気になる宿泊料金です。私たちは朝夕食付のスタンダードなプランでひとり1万円以下でした。1歳10か月の息子は、食事・布団不要で600円 です。この値段で 、夕食は個室の食事処 ・布団敷きサービスあり。これは、ありがたいなぁと思いました。

小さな子連れだと、個室の食事処はとても楽です!親は人目を気にせずにゆっくりと食事ができるし、子どもはノビノビと過ごすことができちゃいます。

焼石クアパークひめかゆのアクセスと基本情報

住所:〒023-0403 岩手県奥州市胆沢区若柳字天沢52-7 

電話番号:0197-49-2006

アクセス:(バス)JR水沢駅からバスで約40分 (車)東北道水沢ICを降りて車で約30分

まとめ:ひめかゆは気取っていない庶民派!子どもも大人もくつろげる優しい温泉!

正直ひめかゆは「すごく雰囲気がいい♡」「おしゃれ♡」という感じの宿ではなく、とても庶民的です。けれども子連れでも気をつかわないで済み、スタッフの方々のサービスが温かいなんて、最高だと思いませんか?

そんなひめかゆの子連れにうれしいポイントをまとめました!

  • 宿泊料金は基本1万円以下
  • 夕食は完全個室の部屋食
  • 夕食時、子ども用に白いご飯を用意してくれる
  • 館内は、足袋(部屋に置いてある)で移動、子どもは靴下や裸足なのでラクチン

焼石クアパークひめかゆの温かい接客と温泉で、身も心も温まりませんか?それでは!