イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【横浜市こどもの国】もうすぐ2歳の息子がはしゃいだ遊び場7つ!

横浜市こどもの国のおすすめ遊び場

こんにちは!うさぎです!

 

横浜市にあるこどもの国はとっても広く、楽しい遊び場がたくさんあるのが魅力です。

 

とはいえ、ひとつひとつ丁寧に全部まわっていたらあっという間に日がくれてしまいます(;^ω^)

 

そこで本記事では、

  • 2歳前後のお子さんをお持ちの方
  • こどもの国に遊びに行く予定の方

のために、もうすぐ2歳になる息子がはしゃいだ、こどもの国の遊び場を7つ紹介していきます♪

 

本記事が少しでもこどもの国へ遊びに行く方のお役に立てればさいわいです(^^)/

 こどもの国の子連れに優しいポイントについてはこちらの記事をご覧ください。 

www.itigonousagi.com

1.ミニSL太陽号

横浜市こどもの国のミニSL太陽号
正面入口からほど近いところにあるミニSL太陽号は、年齢制限がないので小さなお子さんでも乗ることができます♪

 

その名の通り小さなSLに乗って、トンネルをくぐって335mを一周。 

ミニSL太陽号の料金
  • ひとり 200円
  • 3歳未満 無料

1歳11か月の息子はトンネルに大興奮!!園内を歩いている人に手を振ったり、ニコニコしたり、とっても楽しそうに乗っていました。

 

2周80円のミニSLが走る小田原城址公園こども遊園地の記事も合わせてどうぞ。

www.itigonousagi.com

2.アスレチック

横浜市こどもの国のなかよし広場にあるアスレチック

こんなに楽しそうにアスレチックで遊ぶ息子を初めてみました。

 

いつもは大きい子たち(3歳以上)の中で紛れて遊ぶので、手も目も離せないですし、内心ヒヤヒヤ。

 

大きい子たちからすると、うちの子すんごく邪魔だなぁ…と思うのですぐさま退散してしまいます。が、しかし、こどもの国のアスレチックは年齢別に分かれているのでそんな心配無用でした。

横浜市こどもの国のおとぎの広場にあるアスレチック
こちらのアスレチックは1歳から6歳用。全体的に低い作りなので、ちょっと離れたところから見ていても安心♪

 

しかも、床がフカフカと柔らかい素材なのもポイント。息子も大胆に転んでいましたが、無傷でした!

 

安心して遊ばせられるのって、子どもは自由で楽しいし、親はノーストレスですよね(^^♪

横浜市こどもの国のなかよし広場

こちらはなかよし広場と呼ばれる、対象年齢0歳から3歳未満の子のアスレチック。0歳からでもアスレチックで遊べるなんて感動です!息子は汗を流しながら一生懸命遊んでいました。

 

 

3.白鳥湖近くのすべり台

白鳥湖のそばには、少し長めのすべり台があります。(こどもの国には、名物の110mのローラーすべり台があるのですが、今回は乗りませんでした)

横浜市こどもの国のおとぎの広場にあるすべり台
これ、結構スピードが出てとってもおもしろいんです(^^)息子はキャッキャと笑いながら主人と一緒に何回も何回も滑っていました!もちろん着地地点はフカフカとした床。安全面でも文句なしの100点満点です♡

4.白鳥湖の鯉

次に紹介するのは、アトラクションでもアスレチックでもないのですが、息子がハマっていたのでご紹介。白鳥湖には、鯉が生息しています。

横浜市こどもの国の白鳥湖にいる鯉

口をパクパクと開けるものの、「エサをくれ~!!」といったガッツキはなく、終始おとなしいタイプの鯉でした。それもそのはず、白鳥湖の鯉には、エサやりは禁止なのです。

 

激しい鯉の記事はこちら。

www.itigonousagi.com

 

息子は鯉を結構長い間見ていて、ハイテンションになっていました。柵がないところがあるので、お子さんが落ちないように目を離さないようにしましょうね。

 

また、白鳥湖ではボート(有料)やドラム缶いかだ(無料)に乗ることが出来ます。息子がもう少し大きくなったら、乗るつもりです('ω')

5.雄大な牧場

横浜市こどもの国にある牧場の牛の置物
この牧場は、私のなかで第一位に輝く遊び場です!

牧場とひとくちにいっても、園内では下記の3つの場所に分かれています。

  • こども動物園
  • ポニー牧場
  • 牛・羊の牧場

それぞれお話していきます♪

こども動物園

今回私たちは、こども動物園には行きませんでした。

子ども動物園では、ウサギやモルモットを抱っこできます。また、エサやり(50円)も体験できちゃう!!

お子さんが動物と触れ合う初めの一歩としては、ちょうどいいかもしれませんね♪

こども動物園入園料
  • 大人(中学生以上) 250円
  • 小人(3歳~中学生) 200円

ポニー牧場

ポニー牧場では、馬にニンジン(1カップ100円)をあげました♪

横浜市こどもの国のポニー牧場にいる馬とエサのニンジン

子どもの手が持っていかれないように、スティックにニンジンを入れて馬に与えるスタイル。

さすがこどもの国です。気遣いが素晴らしい♡

このエサやりに息子は大興奮でした。

 

また、2歳からは子ども乗馬が体験できるそう。息子は1歳11か月。惜しかったなぁ(>_<)

 乗馬料金
  • こども乗馬 400円
  • おとな乗馬 550円
  • 親子乗馬(5歳まで) 800円

牛・羊の牧場

牛と羊を見られるのが、牛・羊の牧場です。 なんと、こちらの牧場では、牛舎を見学することもできます。

 

牧場で放牧されている牛を見たことはありますが、牛舎に入るのは初めての体験。

横浜市こどもの国の牛舎入口

牛!!!たくさん!!!

横浜市こどもの国の牛舎にいる牛

息子はちょっと怖かったようで目に涙をためて、「めーめー!!(羊が見たい)」と私に訴えてきました(笑)

 

牛って大きいですよね。迫力満点。牛舎が動物くさくなくて、とても快適でずっと見ていたいくらいでした。

 

外には羊がたくさんいます。もちろんエサやりOK(100円)。

横浜市こどもの国の羊

土日祝日には乳しぼり体験もできちゃいます。

 

さて、先ほどまで涙をためていた息子ですが、ソフトクリームの絵が描いてある看板を見つけると猛ダッシュ!!おいしいソフトクリームをいただきました(^^♪

f:id:mitsu221t:20181003141020j:plain

甘さ控えめでとても濃厚!なのにサッパリと食べられちゃいましたよ♡

6.芝生(自由広場)

横浜市こどもの国の自由広場

こどもの国には、自由広場と呼ばれている広大な芝生があります。ボールで遊んだり寝そべったり、さまざまな遊びができるのが芝生のいいところ。なにより転んでも痛くない!!

 

アスレチックや牧場で遊び疲れたはずの息子ですが、思いっきり芝生で走り回っていましたよ。レジャーシートを引き、お茶を飲んでオヤツを食べつつ、ボールで遊んでいました。

 

アトラクションやアスレチックだけでなく、シンプルな芝生があると、どんな遊びでもできちゃうので大人も子どもも楽しいですよね。もちろんお弁当を食べるのもOKです♪

7.ラクガキ広場

横浜市こどもの国の正面入口にあるラクガキ広場

最後にご紹介するのは、正面入口の目の前にある、なだらかな斜面のラクガキ広場です!こちらにはカラフルなチョークが置いてあり、アスファルトに自由にラクガキをしていいよ~という場所。

 

帰り際、このラクガキ広場にドはまりしてしまった息子は、なかなかお家へ帰らせてくれませんでした(;^ω^)

 

その場にいた子どもたちも、みんなラクガキに夢中。最近では、お庭がないお家や、マンション住まいの方も増えてきているので、なかなか地面にラクガキができないのが現実ですよね。

 

こんなに広~いキャンバスに、自分の好きな絵を書いていいなんて、子どもにとっては夢のような話なのかもしれません。

 

もちろんラクガキ広場のすぐそばには、しっかりと手洗い場が設置してあります♪

横浜市こどもの国の正面入口にあるラクガキ広場近くの手洗い場

思う存分ラクガキを楽しんだらキレイに手を洗ってお家に帰りましょうね(*^-^*)

まとめ:こどもの国は、2歳前後の子が全力で楽しめる遊び場がたくさん!

牧場からアスレチックまで、なんでもありのこどもの国。幼稚園児、小学生はもちろん、2歳前後の子も思いっきり楽しむことができちゃいます!

 

とはいえ、園内すべて回るのは至難の業です。お子さんが楽しめそうな遊び場を絞って来園すると、充実した1日が過ごせますよ(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!それでは!