イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【レジャー大好きママ教示】子連れプール持ち物リストとあると便利なもの

子連れでプールに行くときの持ち物と便利グッズ
こんにちは、うさぎです。

 

先日2歳の息子がプールで浮き輪デビューをしました!水際ちゃぷちゃぷ卒業です♡

 

ということで本記事では、子どもと一緒にプールにいくのが大好きな私が、

 

  • 子連れプールに必要な持ち物
  • 子連れがプールに持っていくと便利なもの
  • 子連れでプールに行くときの注意点

 

を紹介していきます!

 

バッチリしっかり抜かりなくチェックしましたので、この記事さえ読んでいただければ、子連れプールの持ち物に困ることはありません♪

 

ご家族や友人とプールに遊びに行く予定のある方は、ぜひ参考にしてください♡ 

子連れでプールに行くときに必要な持ち物リスト

子連れでプールに行くときの必要な持ち物を下記の表にまとめました! 

 

持ち物 数・備考
お金・小さい財布 プール内の売店で使うため
タオル 大きいのと小さいのそれぞれ2枚ずつくらい
日焼け止め 1つ。ウォータープルーフがおすすめ。赤ちゃんは低刺激なものを。
水遊び用オムツ オムツがとれていない子は2~3枚
オムツ プールからあがったらはかせる。月齢にもよるが3~4枚程度。
おしりふき 1つ。手や口が汚れたときにも使える。
水着 1つ。
ラッシュガード 1つ。
スイムキャップ 1つ。プールによっては、必要のない場合も。 
ゴーグル 1つ。プールに潜れる子は、必要。
レジャーシート 1つ。場所取りや、休憩につかえる。
絆創膏 適量。すりむいたり転んだりしてしまったときの応急処置に。
ビーチサンダル 1つ。滑りにくいものを選ぶ。
シャンプー・ボディーソープ 1つずつ。シャワーの際に使用。
ビニール袋 3枚くらい。濡れた水着や使ったオムツを入れる。
マグ・水筒 1つ。水分補給に。
ミルク・哺乳瓶 赤ちゃんは必須。飲む分+予備を用意。
おやつ  ラムネ・クッキー・パンなど。食中毒防止の観点から、手作りのものは避けましょう

 

こんな感じです。

 

水遊び用オムツ・絆創膏などは、ネットはもちろん、ドラッグストアでも揃います^^

 

日焼け止めもドラッグストアで販売されているのですが、赤ちゃん・子ども用のはSPF・PAともに低く、水に弱いものが多いんですよね。

 

SPF30・PA+++で、かつ水に強いこちら↓の日焼け止め、とってもよいです。

 

石けんで簡単オフ!SPF30なのに汗・水に強いUVケア

 

また、レジャーシートはお尻が痛くなりづらい厚手のものがオススメ。休憩しているだけでお尻がいたくなるのはツライですからね。

 

子連れでプールに行くときにあったら便利な持ち物

続いて、子連れでプールに行くときにあったら便利な持ち物を紹介していきます。

浮き輪やビーチボール

水際でパシャパシャしているだけで満足できる月齢の子なら、浮き輪やビーチボールはいりません。

 

しかし、ある程度自分で動ける年齢になってくると、遊び道具が必要になってきます。

 

そこでオススメなのが、

 

  • 足入れ浮き輪
  • アームヘルパー
  • ビーチボール

 

など。

 

私の2歳の息子は、足入れ浮き輪でぷかぷかするのが大好きです♡

 

浮き輪やビーチボールを持っていくだけで、遊び方がぐんっと広がるので、子どもも大人も楽しめちゃいますよ^^

テント

レジャーシートとプラスして使うととっても便利なのが、テントです。

 

日よけはもちろん、休憩中のプライバシーも守れちゃう優れもの♪ テントのなかであれば、授乳も落ち着いてできますよね。

 

ただ、プール側がテントの使用を禁止している場合もあるので、必ず使えるかどうか確認してから持っていくようにしてくださいね。

ポンチョ型タオル

タオルって、羽織ってるとすぐにズレ落ちてきちゃうのが難点です。

 

プールあがりにサッと暖をとるのなら、ポンチョ型のタオルがオススメ。 さっと上着風に着られちゃうのがとても便利です♪

ビニールバッグ

プールに行くのなら、やはりビニールバッグを持っていくといいでしょう。

 

私はスリーコインズで購入したビニールバッグを使っていますが、もうちょっと大きなバッグを購入予定。

 

結局、自分の荷物と子どもの荷物を一緒にいれることが多いので、大きなバッグの方が便利なことに気が付きました!

 

今、何を買おうか検討中です!

 

防水ポーチ

スマホやカメラをプールサイドに持ち込むために、必ず必要になってくるのが防水ポーチです。

 

私は100均の携帯用防水ポーチを愛用しています。 100均で買ったけど、2~300円したような?

 

まるごとザブンと水中には入れていませんが、水がかかったり、濡れた手で触るくらいだったら、問題なく使えます^^

 

首から下げられて、かつ長さを調節できるのがよかったです。

 

下記は100均のではないのですが、参考までに。ネットだと大体1000円前後で売っていますね。

簡易テーブル&イス

簡易テーブル&イスは、あると本っ当に便利なグッズです。

 

テーブルには軽食はもちろん、飲み物も置けるので楽ちん♡

 

イスは、レジャーシートの上に直接座るよりもおしりが痛くなりづらいのでおすすめですよ^^

 

デメリットは、荷物が多くなってしまうという点。簡易テーブル&イスをプールに持っていく際は、できるだけ軽量のものを選ぶといいでしょう。

クーラーボックス・バッグ

飲み物や食べ物の持ち込みOKのプールであれば、クーラーボックスも持ち込めますよね。

 

冷やしたお茶類はもちろん、プールで火照った体をクールダウンさせるための保冷剤も入れておくと便利です。

 

「クーラーボックスはさすがに重くてかさばるなぁ」

 

という方には、クーラーバッグがおすすめ。 私は、プールに限らず日常生活でもクーラーバッグを使っています^^

保湿クリーム

お風呂上がりに、毎回保湿クリームを塗っているお子さんも多いのではないでしょうか。

 

私の息子も赤ちゃんの頃から欠かさず皮膚科処方の保湿クリームを塗っています^^

 

プールで1日遊ぶとお肌が乾燥気味になってしまうので、最後のシャワーを浴びたあとは保湿をしっかりしてあげるのがいいですよ♪

 

夏場なので、プロペトやワセリンなどのベタつくタイプより、さらっとしたミルクタイプの保湿剤がオススメです。

 

【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローション

 

 

 

 

 

子連れプールの注意点

子連れでプールに行く際に一番注意してほしいのは、子どもから絶対に目を離さないということ。

 

とくに、夏休みシーズンのプールはとても混みあうので危険です。

 

プール内はもちろん、更衣室でも子どもから目を離さないように気をつけてくださいね。

 

せっかくの楽しい子連れプールです、思わぬ事故に巻き込まれぬようにしましょう。

 

そして、現地でバタバタしないためにもプールに遊びに行く際の準備は周到に♪

まとめ:持ち物をしっかり準備して子連れプールを楽しもう

赤ちゃんや幼児連れでプールに行くとなると、荷物が多くなってしまうもの。

 

タオルや衣類、オムツは圧縮袋などを利用して少しでも荷物を少なくしましょう^^

 

荷物チェックが済んだら、安全第一で子連れプールを楽しんできてくださいね。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。それでは!