イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

無痛分娩で出産したよ!どんな流れ?痛くないの?もうね、最高のお産だったんだよ!

無痛分娩って痛くないの?どんな流れなの?

こんにちは、うさぎです。

 

痛みに弱い私は、無痛分娩で長男を出産しました。結果的に、無痛分娩を選んで大正解!

 

もしふたりめを産むことがあっても、絶対無痛分娩で産みたいと思っています!!

 

そこで本記事では、無痛分娩がしたいけれど…

 

  • 無痛分娩ってどんな感じで行われるの?
  • 無痛分娩ってホントに無痛なの?
  • 硬膜外麻酔が痛いって聞くけどどう?

 

という疑問や不安で頭がいっぱいになってしまっている方のために

 

  • 私の無痛分娩体験談
  • 無痛分娩の流れ
  • 硬膜外麻酔の痛み
  • 無痛分娩のメリット・デメリット

 

を私の無痛分娩体験を踏まえて詳しーーくお話していきます!無痛分娩で出産をしたいと考えているあなたの参考になればさいわいです(^▽^)/

こちらの記事も合わせてどうぞ♪

www.itigonousagi.com

www.itigonousagi.com

 

無痛分娩の流れってどんな感じ?

私が体験した無痛分娩の流れを、前日と当日にわけてお話していきますね。わかりやすいように表にまとめてみました^^

出産前日

おおよその時間 処置・やったこと
14:00 入院・説明
15:00 NST
17:00 内診・メトロ入れる
18:30 夕食
20:00 シャワー
23:00 就寝

 

計画無痛分娩ということで、あらかじめ先生と相談して決めていた出産日の前日に入院をします。

 

陣痛や破水が始まってから病院にいくのではないので、心の準備がバッチリできていました。

 

入院の手続きを済ませ、院内の説明を受けたあと、NST(赤ちゃんの心拍や子宮の収縮状態をチェック)を開始。

 

NSTが終わると、しばらく自由時間があります。

 

この間に荷物の整理をしたり、入院病棟をウロウロしたりしていました。私、ソワソワしてます…。

 

17時頃、内診をして子宮口の開きをチェック。

 

私は1cmほどしか開いていなかったようなので、バルーン(メトロ)という子宮口を広げる装置を入れます。(痛みについては後述しますね)

 

当日の処置はこれでおしまい。 その後、夕食とシャワーを済ませ、23時頃就寝しました。

出産当日

おおよその時間 処置・やったこと
6:00 浣腸・NST
8:00 陣痛促進剤・抗生物質・ブドウ糖の点滴開始
9:00 破水・麻酔
12:00 子宮口7㎝
13:30 子宮口全開
14:30 先生が来て分娩開始。
14:45 出産

 

いよいよ出産当日です!朝5時45分に起床して、歯磨き・洗顔などを済ませます。「よし!これから産むぞ!」と、意気込めるのもよかったですね♪

 

ドキドキはしているのものの、覚悟を決めて、分娩台へと向かいます。 6時から、上の表にあるような処置がスタート。

 

まずは浣腸で、お腹のなかをスッキリさせます。浣腸と同時に、昨晩入れたメトロが取れました。ちょっと圧迫感があったのでスッキリ。

 

そしてNSTをつけ点滴も開始です。 陣痛促進剤・ブドウ糖の点滴と、私は溶連菌に感染していたため、抗生物質の点滴も。初めての点滴だったのですが、ぜんぜん痛くない♪ちょっと心配していたのでよかった(^▽^)

 

そして7時~8時の間に先生がやってきて、グリグリっと破水させてもらいました。うん、これはちょっと痛かった。笑

 

破水すると、すごい量のお水(羊水)がでてくるんですね。大きな紙おむつのようなものを履かされました。

 

そして、背中に硬膜外麻酔をうち、子宮口が開くのをひたすら待ちます。 初産は時間がかかると聞いていましたが、やはり3cmくらいからなかなか進みません。

 

子宮口を開くのを待っている間は、立ち合いの主人や母とお話したり、スマホをいじったりしていました。(破水・麻酔・陣痛の痛みについては後述しますね♡)

 

12時を過ぎてようやく子宮口が7cmに!13時半には全開になりました。助産師さんと、いきむ練習を繰り返しているうちに先生がやってきて、分娩開始。

 

数回全力でいきむも、赤ちゃんがうまく下に降りてきません。最後の3回ほど、助産師さんにお腹(胃のあたり)をすんごい力でグッ~と押されて、無事赤ちゃんが生まれました!

 

ちなみにザクっと会陰切開したのですが、痛みはあまり感じませんでした。 私は、スピード出産とはいかないものの、スムーズにお産が進んだみたい。

 

出産後は、会陰切開した場所を局所麻酔をしながらチクチクと塗ってもらいました^^

 

縫われながら先生と会話するの、なんだかシュールでおもしろかったです。笑

無痛分娩で痛かった処置

無痛分娩全体で痛かった処置はふたつ!

 

  • 浣腸
  • 破水

 

です。詳しくお話させてください(;_:)

浣腸

浣腸。そう、これが意外や意外、めちゃめちゃ痛かったんです。なぜかというと、妊娠中に極度の便秘になってしまった私は、いぼ痔になってしまったんですね…。

 

いぼ痔で浣腸って、めっちゃ痛いです。ちなみに産後も痔が悪化してしまい、お薬をだしてもらっていました泣

 

先生には、「薬を塗っていぼを押し込んどけば平気だから!」と言われ、産後2年たった今…治りました!(多分です)

 

妊娠中に痔になってしまった方は、出産前にお医者さんに相談されるといいかと思います。

破水

破水の処置、結構痛かったです。妊娠後期になると、内診グリグリされる方もいるかと思うのですが、破水の処置もそれに似てるかな。内診グリグリをもうちょっと痛くした感じです…。

 

破水の処置の痛みで腰がのけぞってしまい、先生に 「これで痛がってたら、赤ちゃん産めないからね~」 と言われてしまいました。

 

いや、ごもっともなんですが、身体が勝手にのけぞってしまっただけなんですよ泣

 

破水の処置は確かに痛いのですが、3秒くらいで終わるのでグッと我慢です!

無痛分娩で意外と痛くなかった処置

無痛分娩をするにあたって、ネットで情報を集めていたら

 

  • バルーン(メトロ)
  • 麻酔の注射(硬膜外麻酔)

 

が痛いとのこと。ビクビクしながら処置されるのを待っていたのですが、意外に両方とも痛くありませんでした。詳しくお話していきますね。

バルーン(メトロイリンテル)

出産前日の私の子宮口の開きは1cmのみ。ということで、子宮口の開きをよくするために、バルーンを入れることに。

 

バルーン=痛い というイメージしかなかった私。怖くなってしまって、診察台の上で体が固まっちゃいました。先生と看護師さんに、

 

「体の力を抜いていれば全然痛くないから大丈夫」

 

と言われて、少し体の力が抜けて… あっという間に装着完了! あれ?全然痛くない!!ホントに、全然いたくなかったの!

 

バルーンを入れて1時間、2時間くらいしてから、お腹がズシーンと痛くなったけど、我慢できない痛みではありませんでした。

 

生理痛の重いやつって感じ。ちょっと顔をしかめるくらいの痛み。 お腹に手を当ててさすりながら、夜も普通に眠れました。

麻酔の注射(硬膜外麻酔)

硬膜外麻酔は、ちょっとチクっとするだけで、たいして痛くありませんでした。

 

背中に何かが入ってくる、つめたーーーい感触は今で忘れられませんが、そんなに痛くはなかったです。

 

硬膜外麻酔をされる前まで、背中をまるめてビクビクしていましたが、 先生の「終わったよ~」の一言で拍子抜け。

 

え?もう終わったの?って感じでした。個人的には、インフルエンザの予防接種の方がめちゃめちゃ痛いと思います…。

無痛分娩の陣痛の痛みは?

無痛分娩の陣痛の痛みは、波がありました。破水から子宮口が7cm開くまで、時間にして約3時間くらいは、軽い生理痛のような痛みのみ。

 

立ち合いの主人・母と普通に話せました。軽い生理痛の痛みが来ると、

 

「あ、これが陣痛ね~ふむふむ。」

 

ってかんじで、出産余裕じゃん、なんて思ったくらい。

 

しかし、子宮口7cmから全開までが痛かった…。時間にして1時間半ほど。どんどん痛みが増してきて、ナースコールを連打。無我夢中で連打です!

 

「ま、麻酔を追加してください…」

 

と助産師さんに訴えるも

 

「さっき入れたばかりだから、もう少し待ってみようね」

 

と言われ、陣痛の波がくるたびに顔をしかめていました。なんていうか、下痢を我慢しているときの痛みに似ているかも…。

 

あと、胃のあたりが痛かったです。助産師さんいわく、赤ちゃんが回転しているからだと言っていました。 冷静に痛い場所がわかるのも、無痛分娩ならではなのかもしれませんね。

 

陣痛の痛みを感じたとはいえ、会話はできるくらいの痛みです。普通の陣痛に比べたら大したことないんだと思います。

 

麻酔を追加してもらうと、ウソのように痛みが引いてまた私に平穏な時間が訪れました。そしてそのまま分娩開始。

 

陣痛の痛みはないものの、お腹の張りはわかるので、お腹の張りと助産師さんたちが教えてくれるタイミングに合わせて一生懸命いきみました。

 

痛みを感じなかったので、いきみに集中できたのかな?と思います^^ 赤ちゃんを産んだ瞬間のニュルンっとした感覚もしっかり残っていますよ。

無痛分娩のメリット5つ

私が感じた無痛分娩のメリットは、下記の5つです。

 

 
  • 計画無痛分娩の場合、産む日がわかっているので心の準備ができる
  • パニックにならない
  • いきみに集中できる
  • 体力を温存できるので、産後が意外と元気
  • 緊急帝王切開になってしまっても、麻酔しているのですぐに対応できる

 

なによりも、産む日がわかっているというのがよかったですね。

 

「いつ陣痛がくるんだろう」

「夜中に破水しちゃったらどうしよう」

 

といった不安は全くありませんでした。入院の前日に焼肉にいったり、カフェにいったりと、ゆったりとした時間を過ごせたのも無痛分娩ならではだと思います。

 

また、主人は仕事柄休みがとりづらいのですが、事前に

 

「この日(出産当日)はぜったいに休みを取りたい」

 

と会社に申告していたため、立ち合い分娩が叶いました。 陣痛の痛みが少ないので、冷静さを保ちながら出産に挑めるのも本当によかったです!

 

産後は会陰切開の痛みがあるものの、階段の上り下りまでできちゃいましたもん。(産後は安静に過ごすのがオススメです;^ω^)

無痛分娩のデメリット3つ

私が感じた無痛分娩のメリットは、下記の3つです。

 

  • 早めに陣痛がきてしまったり、破水してしまったりした場合は無痛分娩ができない可能性もある
  • 費用が高い
  • 麻酔が効かない人もいる

 

私が入院した産院で、同じ日に出産した人が4人いました。

 

私を含め2人は無痛分娩でしたが、ひとりは帝王切開、ひとりは無痛分娩で産めたものの、吸引分娩という結果に。

 

無痛分娩で産める人の方が多いとは思いますが、赤ちゃんやお母さんの状態によっては、帝王切開になってしまう場合もあるということを頭に入れておくといいですね。

 

また、無痛分娩は費用が高いのもデメリットにひとつ。産院にもよりますが、市民病院の倍の料金はかかると思っていた方がいいかもしれません。

 

私は70~80万円ほどかかってしまいました(>_<)とはいえ、市や区から助成金がでるので全額実費ではないので安心してくださいね^^

 

そして一番怖いのが、麻酔が効かない体質の人もいるということ。

 

出産した産院は違ったのですが、同じく無痛分娩で赤ちゃんを産んだ私の友人は、右半身だけ麻酔が効かなかったと言っていました。 麻酔の効き具合について不安がある場合は、事前にお医者さんに相談しておきましょうね。

まとめ:無痛分娩は、リラックスした状態で出産に挑める最高のお産

無痛分娩については賛否両論ありますが、私はリラックスしたとても素敵なお産ができたので、無痛分娩大賛成派です^^

 

  • 痛みに弱い方 
  • 緊張でパニックになってしまう方
  • 高血圧の方
  • 高齢出産の方

 

などには、とくにオススメできる出産方法です。 無痛分娩のメリット・デメリットをしっかりと理解すれば、なにも怖いことはないんじゃないかな?と思います^^

 

なによりも、実際に赤ちゃんを産むお母さんの気持ちと、赤ちゃんの健康が一番大切です。自分に合った出産方法について、じっくりと考えてみてくださいね。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。それでは♪