イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【箱根】ホテルおくゆもとに子連れで宿泊!赤ちゃん・幼児歓迎でゆっくりできたよ!

箱根にあるホテルおくゆもとに子連れで泊まってきたよ
こんにちは、うさぎです。

 

先日、2歳1ヶ月の息子を連れて箱根湯本にある、ホテルおくゆもとに1泊してきました。

 

結論から言って、ホテルおくゆもとは子連れに優しい…いや、やさしすぎるお宿でした!

 

そこで本記事では、

 

  • ホテルおくゆもとの宿泊レポ
  • ホテルおくゆもとの子連れにうれしいポイント

 

をお話していきます。

 

  • 箱根湯本で、子連れ歓迎の宿を探している方
  • ホテルおくゆもとの宿泊レポが読みたい方

 

の参考になればさいわいです(^^)

箱根のおすすめ宿の記事はこちら

www.itigonousagi.com

ホテルおくゆもとの居心地のよいロビー

箱根にあるホテルおくゆもとのロビー
ホテルおくゆもとのロビーは、暖色でまとめられていて、とても居心地が良かったです。

 

箱根の景色を楽しめるように窓に面したこんなソファーも。

ホテルおくゆもとのロビーの窓に面した席

最近はフリードリンクが飲めるお宿が多いですね。こちらのお宿でもコーヒーはもちろん、カフェラテ・抹茶オレ・ココア・リンゴ酢ドリンクを飲むことができました。

箱根にあるホテルおくゆもとのロビーのドリンク

また、プラレールがあったのには驚きました。後ほど詳しくお話していきますね。

ホテルおくゆもとのサッパリとした接客

フロント・お出迎え・案内のスタッフの方々は、サッパリとした接客だったのが印象的でした。

 

私たちは車でホテルおくゆもとへ向かいました。宿に到着するとさっそくスタッフが車までお出迎え。

 

そしてチェックインを済ませたあと、館内の簡単な説明を兼ねてお部屋まで案内してくれました。

 

チェックアウトの際に手続きを行ってくれたスタッフも、お出迎えをしてくれたスタッフも、お部屋まで案内してくれたスタッフも、みなさんとっても手際がよかったです。

 

このサッパリとした接客、意外と好感が持てました。

 

いっぽうお食事処では、2歳の子どもにタッチしてくれたり手を降ってくれたりと、フレンドリーな女性スタッフもいました。

 

子どももとても喜んでいたので、子連れに配慮してくれた接客もうれしかったです♪

 

どちらにせよ、ホテルおくゆもとの接客に不満はありません(^^)

広々!ホテルおくゆもとの客室

今回、私達はシンプルな和室のお部屋に宿泊しました。散らかっていて申し訳ないのですが、こんな感じです。

箱根にあるホテルおくゆもとの部屋

 広縁がない、ひろーーいお部屋でした。ちょっとしたバルコニーのような場所もあり、そこから須雲川の滝が見えます。

 

息子は滝に大喜びで、何回も「外に出たい」とお願いしてきました(^o^)

 

そしてお部屋には

 

  • 空気清浄機
  • ペットボトルのお水3本(追加は1本100円から)
  • お茶請け
  • お茶
  • 梅緑茶

 

が完備。ドライヤー・メイク落とし・化粧水・乳液などの洗面用品もバッチリでした♪

ホテルおくゆもとのおいしい食事「山里」

今回私たちは、朝食のみのプランを選びました。というわけで、朝食のみの感想をお話しますね、ご了承ください(・・;)

 

ホテルおくゆもとの朝食は和洋ブッフェスタイル。子連れだと助かりますよね、ブッフェ!

 

食事処「山里」は広すぎないので、サッと食べ物を取りにいけちゃいます。しかも半個室になっているのでまわりが気になりません。

 

朝食で息子が食べたものはこちら。盛り付けがちょっとアレでごめんなさい…。

箱根にあるホテルおくゆもとの朝食

 ワッフルをはじめとしたパン類と、トマト・フルーツ。あとヨーグルトを食べたりオレンジジュースを飲んだり。

 

また、写真下のオムレツとパンケーキはオープンキッチンでできたてを食べられました。

 

もっとふわふわのパンケーキがよかったなぁと思いましたが、子どもにはこのくらいの薄さの方が食べやすいのかもしれませんね。

 

私と主人は和食をチョイス。煮物・漬物・明太子・お味噌汁・お豆腐・焼き魚など、一通りのものは揃っていました。

 

これといって特徴があるお料理はなかったのですが、すべてシンプルでおいしかったです(^^)

オムツがとれていない赤ちゃんもOK!ホテルおくゆもとの温泉

箱根にあるホテルおくゆもとの温泉入口

ホテルおくゆもとのお風呂は、落ち着いた雰囲気がよかったですね。ゆっくりと入ることができました。

 

赤ちゃんや子どものグッズもしっかりと揃っていたのが好印象!(後述します)

 

女湯の露天風呂は下記の3種類です。

 

  • 岩風呂
  • 檜風呂
  • 陶器風呂

 

男湯は岩風呂・檜風呂の2種類なのですが、すぐそばに堰堤(えんてい)があるので壮大な滝を眺めながら露天風呂を楽しめます。

 

2歳の息子は、夜は私と女湯に入り朝は主人と男湯に入りました。女湯では、温めの陶器風呂から出たがらず、男湯では目の前の滝に大興奮だったそうです。

 

あ、今更ですがホテルおくゆもとの温泉はオムツの取れていない子も入浴OK!

 

生後5ヶ月くらいの赤ちゃんがベビーバスに入っているのを見ましたよ(^^) かわいかったなぁ。

 

※オムツのとれていない子どもを大浴場のお風呂に入れる際は、必ずトイレを済ませてから入れるようにしましょうね。

箱根の山々を感じられる展望テラス

ホテルおくゆもとの中で私が一番気に入ったのがこちらのテラスです。

箱根にあるホテルおくゆもとの屋上テラス

 箱根の山々を感じられてとっても気持ちよかったぁ♪息子もうれしそうに歩き回っていました。

 

ホテルおくゆもとは、その名の通り箱根湯本の奥に位置しています。

 

なので、箱根湯本駅の周辺の宿よりもちょっと小高いのが特徴。たっぷりと自然を感じられるんですよね。

ホテルおくゆもとの子連れにうれしいポイント

ホテルおくゆもとの子連れにうれしいポイントをまとめました!小さなお子さんがいる方の参考になればさいわいです(^o^)

子ども用のアメニティ

チェックイン時に、子ども用のアメニティを一式もらえました。好きなビニール製の袋をひとつ選ばせてくれて、その中にアメニティを入れて渡してくれます^_^

 

2歳の息子は、ディズニーのツムツムの袋を選びました。

箱根にあるホテルおくゆもとの子ども用アメニティの袋

中身はこんな感じ。

箱根にあるホテルおくゆもとの子ども用アメニティ

ミニタオル・歯ブラシセット・スリッパです。

 

子ども用にスリッパをもらったのは初めて!息子はよっぽどうれしかったのか、アメニティのスリッパを履いて館内を歩き回っていました。

ロビーにプラレール

これも驚きました。なんとロビーにプラレールが設置してあったのです!

箱根にあるホテルおくゆもとのロビーのプラレール
宿のロビーに子どものおもちゃがあるなんて、子連れ歓迎以外の何ものでもありません。 これには保護者である私もテンションがあがっちゃいました!

 

しかし…残念ながらプラレールは全て電池切れ。

 

「この日はたまたまなのかな?」

 

と思い、次の日のチェックアウト時にまた触ってみましたが、やはり電池切れで動かず。 これだけ、とっても残念でした(T_T)

お風呂にベビーグッズとおもちゃ

ホテルおくゆもとのお風呂場には、

 

  • ベビーチェア
  • ベビーバス
  • 赤ちゃん用ボディソープ
  • 子ども用シャンプー
  • シャンプーハット
  • おもちゃ

 

がおいてあります。お風呂場にベビーバスやベビーチェアを置いてあるお宿は多いと思いますが、シャンプーハットやおもちゃを置いているお宿ってそうないんじゃないかな?

 

2歳の息子は、シャンプーハットを使わないと髪の毛を洗わせてくれないので、家からわざわざ持ってきたんですが、必要ありませんでした笑♪

 

また、小さなおもちゃが3・4個あったのもうれしかったです。

 

息子は、私が体を洗ったり髪を洗っている最中に、洗面器にお湯とおもちゃを入れて遊んでいてくれました^_^

食事処にお食事エプロン

準備はバッチリだったつもりなのに、私、お食事エプロンを忘れちゃったんです 汗 しかし焦る必要はありませんでした。

 

食事処「山里」のフロントにはなんとお食事エプロンの用意が!!!

箱根にあるホテルおくゆもとのお食事エプロン
これは本当に助かりましたね。作りもしっかりとしていてよかったです(^o^)

 

 

子連れ旅行の持ち物リストはこちら

www.itigonousagi.com

子ども用の浴衣

子ども用の浴衣があるお宿って本当にいいですよね♪

 

サイズは80とか90の表記はなく「小」と書いてあっただけなので、少し2歳の息子には大きかったけど問題ありませんでした。

 

まぁ2歳児がおとなしく浴衣を着てくれるわけもなく…笑

箱根にあるホテルおくゆもとの子ども用浴衣を着る息子

 親の自己満ですが、浴衣を着せるのとっても楽しいです(^o^)♪

 

せっかくの温泉旅行なので、記念にお子さんに浴衣を着せて写真を撮ってみてくださいね。

 

 

こちらのお宿には80cmから100cmまでの浴衣がありました♪ 

www.itigonousagi.com

期間限定でキッズルームも!

ホテルおくゆもとには、

 

  • お正月
  • 夏休み
  • ゴールデンウィーク

 

だけ利用できるプレイルームがあるそうです。

 

今回私たちが宿泊したのは秋だったので、残念ながらプレイルームは使えませんでした。

 

上記の期間にホテルおくゆもとに宿泊する予定の方は、ぜひ利用してみてくださいね(^o^)

ホテルおくゆもとの基本情報とアクセス

さいごにホテルおくゆもとの基本情報とアクセスを紹介していきますね。

基本情報

住所:〒250-0312 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋211

電話番号:0460-85-6271

公式HP:https://ssl.okuyumoto.co.jp/

アクセス

車:箱根新道須雲川I.C.を降りて、信号を右に曲がって2分ほどです。無料の駐車場あります。

 

電車:箱根湯本駅からホテル無料送迎バスがあります。14時25分〜17時55分まで。 毎時、25分と55分発。箱根湯本駅への送迎は8時10分~11時10分まで。毎時10分と40分発。

まとめ:ホテルおくゆもとは子連れ向けでいろいろなものが揃っている素敵なお宿

ホテルおくゆもとは、子連れ客にとって、ものすごーーく過ごしやすいステキなお宿でした。 さいごに子連れに優しいポイントをもう一度おさらいします。

 

  • 子ども用のスリッパも!かわいいアメニティがもらえる
  • ロビーにはプラレールがある(電池切れはご愛嬌)
  • 子ども用シャンプーにおもちゃまでが揃っているお風呂グッズ
  • お食事処ではエプロンがもらえる
  • 子ども用の浴衣「小」サイズを借りられる
  • 期間限定でプレイルームが登場

 

ホテルおくゆもとには、露天風呂つきのお部屋もあるようなので、ぜひまた子どもを連れて訪れたいと感じました(^o^)

最後までお読みいただきありがとうございました。それでは!