イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・子育てについて発信する雑記ブログです

相模湖を子連れで楽しむ!相模湖公園の昭和レトロとプレジャーフォレスト

相模湖は子連れで楽しめる?

「相模湖にはなにがあるの?」

「小さな子連れで相模湖が満喫できるか知りたい!」

 

という方のために、3歳の子連れで相模湖に遊びにいった筆者が相模湖の魅力についてお伝えしていきます。

 

こんにちは、うさぎです。

 

結論から言うと、相模湖にはプレジャーフォレストや相模湖公園、ハイキングが楽しめる山などがあります。

 

乳幼児までは相模湖公園で楽しめますが、それ以上の子にはプレジャーフォレストがオススメですよ。

 

 

本文では相模湖について詳しく解説しています。 子連れで相模湖に行きたいと考えているあなたの参考になればさいわいです。 

 

相模湖には何があるの?

相模湖の景色

相模湖には、

 

  • 県立相模湖公園
  • プレジャーフォレスト
  • ハイキングコース

 

などの観光スポットがあり、毎年夏には、4000発ほどの大迫力の花火が楽しめる相模湖湖上花火大会も開催されます。

 

それぞれの魅力を詳しく紹介していきますね。

県立相模湖公園

県立相模湖公園の景色

 県立相模湖公園には、

 

  • 芝生広場
  • 水辺の広場
  • ゲームセンター
  • ガラスのカスケード
  • 発電機モニュメント
  • レストラン ・カフェ
  • 遊覧船・ボート・スワン

 

があり、相模湖の自然を満喫することができますよ。

 

飲食店やゲームセンターなど、全体的に昭和感溢れていて、かなりいい雰囲気が漂ってます。

 

私(1987年生まれ)が幼い頃相模湖公園に遊びに行ったときと今の相模湖公園、あんまり変わっていません!

 

すごく懐かしい感じがするので、なんだかほっとできちゃうのが魅力。

 

子どもたちの目には、新鮮に映るんだろうなぁ。

 

人もそこまで多くないので、小さな子連れにはピッタリの公園だと思います。

ハイキングコース

相模湖周辺には、神奈川にいながら自然を感じられる石老山、嵐山といった山があり、天気のいい日にはハイキングを楽しむことができますよ。

 

嵐山は神奈川景観50選にも選定されており、紅葉の時期にはハイキング・登山客で賑わいます。

 

現在は2019年10月の台風の影響により通行ができないのが残念ですが、いつか子どもと登れたらいいなぁと考えています。

プレジャーフォレスト

相模湖を代表する観光スポットのプレジャーフォレストは、遊園地あり、キャンプ場あり、温泉ありの子連れ向けの大型レジャースポットです。

 

アトラクションは、大人も楽しめる「大空天国」、「極楽パイロット」などの絶叫系や、小さな子ども向けのパディントンタウン、お山の観覧車など盛りだくさん。

 

アトラクションだけでく、入園料だけで楽しめる迷路やジャンボ滑り台、アスレチックのピカソのたまごなど、1日中遊びつくすことができます♪

 

子どもが2歳のときにプレジャーフォレストに遊びに行ったのですが、ほぼ入園料だけで1日遊ぶことができました。

 

園内はとっても広いので、目的を持って回るのがおすすめですよ。

 

園内マップを貼っておきますので参考にしてくださいね。

相模湖プレジャーフォレスト園内マップ(HPから引用させていただきました)

 

プレジャーフォレストについての記事も、そのうちアップさせていただきます!

子連れはプレジャーフォレストと相模湖公園どっちがおすすめ?

相模湖で子連れが楽しめるのは、相模湖公園とプレジャーフォレストのどちらか。

 

相模湖公園は、赤ちゃんや歩きはじめの子、未就学児ならしっかり楽しめますよ。

 

乳幼児が楽しめる穴場的スポットなので、できれば子どもが大きくなる前に一度は連れて行ってあげるといいかと思います。

 

小学生以上になると、相模湖公園はちょっとつまらないと感じてしまうかもしれないので、プレジャーフォレストで遊ぶのがおすすめです。

 

時間があれば、相模湖公園とプレジャーフォレスト、両方遊びにいってみるのもいいですね。

子連れで相模湖公園を楽しんだレポ

3歳の子どもと相模湖公園を実際にどう楽しんだのか、紹介していきます。

スワン・ボート

相模湖公園のスワン

相模湖公園につくと、青い湖と湖上に浮かんだスワンやボートが目に飛び込んできます。

 

スワンだけでなく、恐竜(サッシー)・クジラ・モーターボート・手漕ぎボート・遊覧船などなど。

 

お値段は、大体1,500円~3,000円ほどです。

 

何人乗りかによって料金が変わってくるので料金表をチェックしてみてください。

 

ボートの乗り場は二か所で、乗りたいボートを取り扱っている窓口に行ってチケットを購入する必要があります。

 

相模湖公園にあるスワン乗り場

 

私の息子はクジラに乗りたいというので、上の写真左の乗り場でお金を支払いました。

 

息子を真ん中にのせて、30分の船旅のスタート。

 

この日は風が強かったので、ボートがかなり流されてペダルを漕ぐ足がパンパンになりました…。

 

湖上からの山々はとても美しく、漕ぐのは大変だったけど自然に癒されたステキな体験ができましたよ。

ゲームセンター

船のチケットを買う場所には、小さなゲームセンターが二か所あります。

 

「このゲーム機、一体何十年前の!?」

 

というくらいどれも古く懐かしいものばかり。

 

相模湖公園にあるゲームセンター

 

これは、大人の方がテンションあがっちゃうかも。

 

息子はトーマスとジュラシックパークのゲームを満喫。

 

相模湖公園にあるゲームセンターのジュラシックパーク

 

 相当楽しかったみたいで、家に帰ってきてからも

 

「相模湖でゲームがしたい!」

 

と何度も何度もお話してくれました。

 

また、近くには大人も楽しめそうな射的のお店もありましたよ。

ランチ

相模湖公園にあるイスとテーブル

ランチはおうちの近くのパン屋さんで買ったパンを、公園内にあるイスとテーブルで食べました。

 

湖沿いはもちろん、いたるところにベンチやテーブルが何か所もあるので、座る場所には困りません。

 

芝生も多いので、レジャーシートを敷いている子連れやカップルもたくさん見かけました。

 

食後には、迷夢というお店でソフトクリームを購入。

 

相模湖公園にある迷夢のソフトクリーム

 

アイスクリームだけでなく、ジェラート、クレープ、焼きそばなどの軽食もありました。

 

子どもが好きそうなものが勢ぞろいしているのでおすすめです。

 

コーンまでペロリと完食して、大満足の息子でした。

芝生の広場でシャボン玉

最後に芝生の広場で追いかけっこをしたり、持参したシャボン玉をしたりしてたくさん遊びました。

 

芝生の広場は、湖があるところよりもちょっと高い場所にあるので景色もよかったです。

 

相模湖公園にある芝生の広場

 

たぶん、1時間近くはここで遊んでいました。

 

芝生もキレイにお手入れしてあるので、居心地も抜群。

 

もちろんベンチもあり。

 

また、相模湖を一望できるゆるやかな坂にも芝生があります。

 

相模湖公園の芝生

 

ところどころにお花があるのもステキですよね。

 

走ったり転がったりしている子どももたくさん見かけました。

 

自然が満喫できるのって、本当に最高です。

相模湖でランチは食べられる?

相模湖公園のお店

 相模湖には魅力的なランチスポットがたくさんあります。

 

わかさぎ料理やピザ、欧風家庭料理、お寿司、ラーメンなど、レパートリーが意外にもたくさんあってびっくり。

 

個人的には、ハンバーグがおいしそうなレストランマツキが気になるところ。

 

相模湖周辺のランチ情報は下記のPDFが参考になるのでチェックしてみてくださいね。

相模湖観光協会の公式サイトからお借りしました。

相模湖公園の基本情報とアクセス、駐車場情報

相模湖公園の基本情報とアクセスを紹介します。

基本情報

住所:〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬317-1

電話番号:042-684-3276

入園料金:無料

開園時間:特になし

公式HP:https://www.sagamiko.info/category/sagamikokouen/

アクセスと駐車場

電車:JR中央線「相模湖駅」から徒歩10分ほど

バス:「京王橋本駅」から三ヶ木行きバスで30分。「三ヶ木」バス停でJR相模湖駅行きバスに乗り換えて、「公園前」バス停下車してすぐ。

車:中央高速道「相模湖東I.C」から2km 中央高速道「相模湖I.C」から4km

駐車場:普通138台 平日無料/土日祝祭日、連休、夏休み、湖上祭の日は、330円/1時間 1日最大1,000円

まとめ:小さな子連れなら相模湖公園でたくさん楽しめる!

相模湖には、プレジャーフォレストや相模湖公園、ハイキングを楽しめる山があります。

 

乳幼児までは相模湖公園で十分楽しめますが、それ以上の子にはプレジャーフォレストがオススメ。

 

相模湖公園ではスワンに乗ったり芝生広場でのんびりしたり、ゆっくりした時間を過ごすことができます。

 

思いっきり体を動かしたいのなら、アトラクションはもちろん、キャンプなどのアウトドアも楽しめるプレジャーフォレストに遊びに行ってみてくださいね。