イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【岩手県一関市】室根山観光!大東ふるさと分校のコテージに子連れで宿泊したよ

岩手県一関市の室根山の室根高原にある大東ふるさと分校に子連れで宿泊したレポ

こんにちは、うさぎです。

 

2歳10か月の子どもを連れて、岩手県一関市にある室根高原の大東ふるさと分校のコテージに泊まってきました。

 

  • 大東ふるさと分校ってどんなとこ?
  • アストロ・ロマン大東との違いは?
  • 大東ふるさと分校のコテージの泊まり心地は?

 

という疑問をお持ちのあなたのために本記事では、

 

  • 大東ふるさと分校のコテージに泊まったレポ
  • 大東ふるさと分校の近隣施設

 

についてくわし〜くお話していきます^^

 

大東ふるさと分校に宿泊したい!と考えているあなたの参考になればさいわいです♪

こちらの記事も合わせてどうぞ。 

【岩手県一関】厳美渓でかっこうだんごを食べたよ!駐車場や観光情報も 

【岩手県】えさし藤原の郷を子連れで楽しんできたよ!

大東ふるさと分校ってどんなとこ?

大東ふるさと分校は、室根高原にある

 

  • 大浴場
  • レストラン(食堂)
  • 宿泊施設(コテージ)

 

が完備された自然あふれる場所です。

 

  • コテージ宿泊(食事つきプランもあり)
  • コテージの前でバーベキュー(お願いすれば別料金で食材の用意もしてくれる)
  • 食事
  • お風呂付きの日帰りプラン

 

が楽しめちゃうんですよ~!

 

メインはコテージ泊。

 

「キャンプはしたいけど、テントに泊まるのはちょっとな…」

 

って方におすすめの宿泊施設だと思います^^

大東ふるさと分校と混合しがちな近隣施設

大東ふるさと分校の近くには、なんと5つもの施設があります。

 

  • アストロ・ロマン大東
  • 牧場のレストラン
  • みちのく乗馬クラブ
  • 望洋平オートキャンプ場
  • 室根山きらら食堂

 

上記の施設の違いがちょっとわかりづらくて…。

 

私、大東ふるさと分校はアストロ・ロマン大東のことだと思っていたんですよね。

 

よくよく調べてみたらちょっと違うみたい。

 

とはいえ、どれも室根山の観光施設であることは間違いありません。 自分なりに調べたことを、下記で詳しくお話していきますね^^

アストロ・ロマン大東

アストロ・ロマン大東は、大自然の中で

 

  • 思いっきり遊べる
  • 体験できる
  • キャンプができる

 

という、子どもに大人気の場所です。

 

アストロ・ロマン大東の遊びと体験は下記の通り。

 

  • 1014mのローラー滑り台
  • MTBのレンタル&コース
  • ラビットストリーム(オリエンテーリング)
  • 体験教室(そば打ち・バームクーヘン作り・木工品作り・パン作り)
  • テニス

 

これは…小中学生くらいの子どもたちに人気なのもうなずけます。だってめちゃめちゃ楽しそう!

 

キャンプは、大東ふるさと分校のようなコテージではなく、

 

  • ログハウス
  • 山小屋
  • テントサイト

 

と本格的なんです^^

 

室根山観光 岩手県一関市 アストロ・ロマン大東

牧場のレストラン

ラムをはじめとしたおいしいお肉が堪能できることで有名な、牧場のレストラン。

 

こちらのラムは、一度も冷凍をしていない生ラムが売りなんだそう。 新鮮だからこそ、自信をもって提供できるんでしょうね(^▽^)♡

 

オトクな盛り合わせメニューもあるので、家族や友人同士楽しめちゃいます。

 

次回はぜひお邪魔したいな~♪

 

牧場のレストラン

みちのく乗馬クラブ

まきばのレストランのそばには、乗馬クラブハウスがあります。

 

乗馬のレッスンはもちろん、引馬もやっているので初心者やお子さんでも馬に乗れるんですね♪

 

ただ、ホームページには引馬は団体のみとの記載があったので、遊びに行く前に問い合わせてみるのがオススメ。

 

岩手県室根山 風薫る丘みちのく乗馬クラブ MICHINOKU HORSEBACK RIDING CLUB

望洋平オートキャンプ場

望洋平オートキャンプ場は、室根山の8合目にあるキャンプ場です。

 

  • バンガロー
  • オートサイト
  • テントサイト

 

がある超本格派。

 

コテージ泊なんて生ぬるいぜ!

 

というキャンパーさんにおすすめです。

 

テントやシェラフ、ランタンなどのレンタルもしているので、荷物が少なくて済みそうですね。

 

いやぁ~室根山付近はキャンプ場が多いんですね。調べていてびっくりです。 

 

室根山観光 岩手県一関市 望洋平キャンプ場

きらら室根山天文台

きらら室根山天文台は、室根山の山頂のそばにある天文台です。

 

実際に私も屋上展望台まで行ってみましたが… 

岩手県一関市にあるきらら室根山天文台の展望台から見た曇りの景色

 

 

写真の通りあいにくお天気はくもり。壮観な景色を見ることはできませんでした( ;∀;)晴れていると気仙沼まで見渡せるんだとか。

 

2階からは天文台に入れます。(大人310円・小中学生150円)

 

天体観測って夜のイメージがありますが、晴れていれば昼でもOK。太陽の黒点が見られちゃうんです。

 

また、5月~6月あたりには、つつじ祭りを楽しむこともできるんですよ~♪ 

 

ようこそ 『 きらら室根山天文台 』 へ トップページ

大東ふるさと分校のコテージってどんな感じ?

今回私たちは2歳の子連れで、大東ふるさと分校の8人用コテージに一泊してきました!

コテージの外観はこんな感じ。

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージの外観

 

コテージの数は5棟で、

 

  • 8人用 2棟
  • 10人用 3棟

 

という内訳です。

 

車は1台ならコテージの裏に停めておくことができます。 何台かで来た場合は、入り口の駐車場に駐車してくださいね。

 

大東ふるさと分校に着いて真っ先に目に入ってきたのが…この景色!

岩手県一関市にある大東ふるさと分校からみた大自然の景色

 

大・自・然!!!!

 

遠くには牛の姿も発見!牧場の牛さんかな?

 

2歳の息子はテンションあがりまくりで、走り回ったりシャボン玉をしたりとお外でたくさん遊んでいました。

 

お部屋の中はこんな感じです。 リビングに

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージのリビング

 

 

キッチンまわり。

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージのキッチン

 

食器や冷蔵庫やレンジなど、自由に使用できます。

 

2階にあがると寝室がふたつ。

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージの二階の寝室

 

 お手洗いはこんなに広いです! 

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージのトイレ

 

車いすの方でも利用できるつくり。もちろん玄関もフラットなバリアフリーです。

 

写真を撮り忘れましたが、畳6帖の和室と、簡単なシャワールームもありました。

 

階段は隙間が空いた作りなっているので、小さなお子さんが顔を出して落下してしまわないように見張っていましょうね。

 

暖房器具はありますが、冷房はありません。

 

神奈川生まれ神奈川育ちの私は、夏に冷房がないなんて大丈夫なのかとかなり心配になりましたが… 夜はかなり涼しくて、快適に眠ることができました(^▽^)

 

でも、昼間は暑かったです!笑

 

また、夜の星の数がすごくて、とっても感動しました。こんなキレイな星空、北海道に旅行にいったときにしかみたことがありません。 空気がキレイだからこそ見られる星の輝き。

 

これだけのために、また岩手に旅行にきたいと心から思えました^^

大東ふるさと分校のコテージ前でバーベキュー

コテージの前ではバーベキューができます(^▽^)/

 

バーベキュー台の貸出や、食材の準備もしてくれるので、荷物が少なくて済みますよ。(事前予約制)

 

私たちは、お肉はもちろんホタテなども持ち込みました^^

岩手県一関市にある大東ふるさと分校のコテージ前でのバーベキュー

 

日が暮れてきたらお部屋のなかで、まったりできるのが最高によかったです。 とはいえ、私はバーベキュー中も走り回る2歳を追いかけまわしていました(;'∀')

 

 

 

大東ふるさと分校の管理棟にはお風呂(まきばの湯)も

大東ふるさと分校には、まきばの湯という大浴場もあります。

 

温泉ではないのですが、大自然のなかでかいた汗をさっぱりと洗い流せますよ。

 

料金は、

 

  • 大人 320円
  • 小中学生 160円
  • 幼児 無料

 

です。

 

また、まきばの湯があるセンターハウスには小さいながら売店もあるので、必要なものやお土産の購入もできます。

 

広い休憩所でゆっくりするのもいいですね^^

大東ふるさと分校の虫事情

私は虫が大の苦手。私のような虫嫌いの方のために、大東ふるさと分校の虫事情についてご紹介していきます。

 

大東ふるさと分校で見かけた虫は下記のとおり。

 

  • 蛾(小さいのから大きいのまで)
  • 蜘蛛(とても大きいのを外で見かけました)
  • 3センチくらいの黒と赤っぽい色の虫(コテージの中に数匹)
  • 羽のついた飛ぶ虫(コテージの中にちらほら)
  • アブ

 

とにかく、アブという虫にたくさん遭遇しました。 私が住んでいる神奈川にはいない(山のほうにはいるかも)ので、最初はハチかと思ったんですよね。

 

虫よけ対策を何もしていなかった私は、まんまとアブに足首を刺されました。

 

それも二か所!!

 

熱をもって赤くはれてしまい、痛痒くてつらかったです( ;∀;)

 

岩手に限らず、自然の多いところに行くのなら虫対策は必要だと思い知らされました。息子が刺されなくて、本当によかった。

 

次回からは必ず虫対策をしていきます!

 

でも、アブってきれいな水があるところにしかいないというので、大東ふるさと分校は相当きれいな場所ってことですよね。

 

虫は本当に苦手だけど、空気がきれいで最高の場所だったのには間違いありません♪

 

 

温泉に泊まりたい!という方はこちらがおすすめ。

【岩手県】ひめかゆに行ってきた♡熱い温泉を楽しむコツと子連れに優しいポイント! 

大東ふるさと分校の基本情報とアクセス

さいごに、大東ふるさと分校の基本情報をアクセスを紹介していきます。

基本情報

住所: 〒029-0711 岩手県一関市大東町大原山口51-161

電話番号:0191-72-3125

料金:

コテージ宿泊 人数によって変動 8,400円~2,100円(ひとりあたり)

センターハウス2階和室宿泊 人数によって変動5,250円~2,100円(ひとりあたり)

日帰り1時間 コテージ2,100円 ・センターハウス(交流室)530円・センターハウス(和室)530円

日帰りプラン 分校弁当と入浴 11:00~15:00まで 1,980円

営業時間:9:00~20:00

定休日:火曜日(8月は休みなし)

公式HP:室根山観光 岩手県一関市 大東ふるさと分校(まきばの湯)

アクセス

(電車)

摺沢駅から、バスに乗り、「上内野線バスセンター前」バス停を下車して徒歩15分ほど。

(車)

一関I.C. から65分ほど。

まとめ:大東ふるさと分校は、自然あふれる最高にキレイなスポット

大東ふるさと分校は、岩手県一関市の室根高原にある自然豊かなスポットです。

 

くねくねした山道を走ったり虫が多く出るので、お子さまの車酔いと虫よけ対策は必須。

 

キレイな朝焼け・夕焼け・星空は圧巻です!都会ではぜったいに見ることができません。

 

旅館やホテルもいいですが、コテージ泊もいいものですよ^^ ぜひ、岩手観光の際にお子さんと訪れてみてくださいね。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。それでは!