イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

【横浜】子連れに優しすぎるこどもの国が楽しいってレベルじゃない!

横浜市こどもの国が楽しい

こんにちは!うさぎです!

横浜市にあるこどもの国に、1歳11か月の息子を連れて行ってきました。

家から遠くないし、ちょっと覗いてみようかな~と軽いノリで行ってみたのですが、これが大正解!

 

ホントにめちゃめちゃ楽しかったんです♪もう年パス買っちゃおうかな~って勢い。

こどもの国って名前だけあって、子どもにとっては天国のような場所でした!

 

  • こどもの国に遊びに行ったレポが読みたい
  • 子連れにオススメのポイントが知りたい
  • 園内でランチはできる?

 

などなど、本記事ではこどもの国の魅力をじっくりとお話していきます♪

ぜひ、 子連れでこどもの国に行きたい!と考えている方は参考にしてくださいね(^▽^)/

広い園内には何でもある!

横浜市こどもの国のエントランス

こどもの国は、とにかく広いです。大人の足でも全部回るとなれば半日(それ以上!?)はかかってしまいそう。

 

同じく、とてつもなく広いズーラシアの記事も合わせてどうぞ!

www.itigonousagi.com

 

 園内は広いだけでなく、こーんなにたくさんの遊ぶ場所があります。

  • 牧場
  • プール
  • じゃぶじゃぶ池
  • アスレチック
  • 汽車
  • 芝生
  • テニスコート
  • グラウンド 
  • サッカー場
  • キャンプ場
  • バーべキュー場
  • 温室
  • サイクリング
  • こども動物園

こんなにたくさん魅力的な場所があると、どこに行っていいのか悩んでしまいますよね。

オススメの園内スポットはこちらの記事で紹介しています(^^)/

www.itigonousagi.com

 

こどもの国の子連れに優しいポイント

こどもの国というだけあって、園内は子どもにとっても優しい作りです。

お父さん、お母さんも安心してお子さんを遊ばせてあげられます。

 

こどもの国の子連れに優しいポイントはこちら。

子連れに優しいポイント
  • トイレが20か所
  • 授乳室が4か所ある
  • 移動は園内バスのあかポッポ号を利用できる
  • 至る所にある売店と休憩所
  • アスレチックは年齢別に分かれている

では、それぞれ詳しく見ていきましょう♪

トイレが20か所・授乳室が4か所ある

こどもの国あるトイレの数はなんと20か所!!授乳室は4か所あります。(パンフレットに載っているトイレと授乳室の数を数えました)

 

急にお子さんが「ママ~おしっこ~」と言っても、大丈夫!

園内のどこにいても、比較的近くにトイレがあるんです♪ 私自身トイレが近いので、これだけあると安心できちゃいます(´▽`)

 

そして授乳室は4つ。私は、1歳11か月の息子のオムツを替えるために白鳥湖そばの授乳室に行きました。

横浜市こどもの国にある授乳室
なによりキレイ!!しっかり、お湯や水道まで完備されています♪

安心してオムツ替え、授乳ができますよ~!!

移動は園内バスのあかポッポ号を利用できる

横浜市こどもの国を走っている赤ポッポ号
こどもの国はとにかく広い!!(2回目)

園内を徒歩で回るのも可能ですが、アスレチックや牧場で遊ぶと帰る気力も出ないほどヘロヘロになってしまいます。

 

私たちも当初は徒歩の予定だったのですが、帰宅する手前で断念。

ということで、園内を時計回りに1周する赤ポッポ号という機関車型のバスに乗り込みます。

園内にはバス停が4か所あるので、降りたい場所で下車しましょう。

赤ぽっぽ料金
  • 1人 200円
  • 0歳~2歳 無料

もちろんベビーカーも乗せられます!

スタッフの方が、ベビーカーを折りたたんで赤ポッポ号内のベビーカー置き場に置いてくれますよ♪

いたる所にある売店と休憩所

土日祝日は混雑することが多い子どもの国ですが、休憩する場所や売店がとにかくたくさんあるので

 

「ゆっくり休めない」

「お弁当を食べる場所がない」

 

なんてことにはなりません。

横浜市のこどもの国にある入口近くの売店

ここにも

横浜市こどもの国にある白鳥湖のそばの売店

ここにもあります。

横浜市こどもの国のせせらぎ近くの売店

軽食の他にも、ボールなどのおもちゃも売っているんですよ。

休憩所はこんな感じ。

横浜市こどもの国のせせらぎちかくの休憩所

横浜市こどもの国のせせらぎそばの屋根付きのイス

私たちは「せせらぎ」という、じゃぶじゃぶ池そばの屋根付きベンチ(上記の写真2枚目)でお弁当を食べました♪

アスレチックは年齢別に分かれている

公園に行くとさまざまなアスレチックがありますが、1歳11か月の子どもを安心して遊ばせられるものは少ないのが現実。

落下したら危ない遊具や、大きな子たちが走り回る遊具など、見てるこっちはヒヤヒヤしてしまいますよね。

そんな中、こどもの国のアスレチックはなんと年齢別で分かれているという素敵な特徴があります。

こんな丁寧な表示、私は他の公園で見たことがありません。

f:id:mitsu221t:20181002222003j:plain

 アスレチックが年齢別に分かれていると… 

  • 思いっきり遊びたい大きな子どもたちは赤ちゃんに気を使わずに遊べる
  • ヨチヨチ歩きの子も落下や衝突の心配なく安心して遊べる

さすがこどもの国!!子どものことをしっかり考えてくれているんですね(^▽^)/

レストランは3か所

 園内には3か所レストランがあります。 

  • レストランさんかくぼうし
  • ポニー喫茶
  • ミルクプラント

それぞれサクっとご紹介!

レストランさんかくぼうし

横浜市にあるこどもの国のレストランさんかくぼうし

レストランさんかくぼうしは正面入口のそばにあります。メニューだけチラっと見てきました。

横浜市こどもの国のレストランさんかくぼうしのメニュー

ぼやけちゃってますね、ごめんなさい(;^ω^)

カレー・ラーメン・ハンバーグなど、定番のものが食べられます♪お子さまランチもありました!

ポニー喫茶

ポニー喫茶では、うどん・そばなどの軽食を提供しています。

乗馬は2歳からできるので、お馬さんと触れ合ったついでにランチをするのもよいでしょう。

うどんは離乳食中の子でも食べやすいので、小さなお子さま連れにはオススメです♪

ミルクプラント

こどもの国では、園内で育てている牛のお乳を使った牛乳を販売しています。その名もサングリーン!

横浜市こどもの国の牛乳であるサングリーンの製造過程

サングリーンの製造過程も見られちゃう

こちらで飲むのももちろんよいですが、おみやげとして買って帰るのもよいでしょう。

あとはやはりソフトクリームも人気。

 

また、売店があるので、おにぎりなどを買って食べている方も見受けられました。

レストランというよりは、軽食売り場といった感じです。

 

私がとても驚いたのが、ミルクプラントの2階。「モーモールーム」という名前がついている休憩所です。

横浜市こどもの国のモーモールーム

 中はとてもキレイで、電子レンジまで完備。離乳食も温められます。

横浜市こどもの国のモーモールームにある電子レンジ

ベビーベッドに、清潔感ある授乳室。

横浜市こどもの国のモーモールーム横にある授乳室とベビーベッド

 子連れのための休憩室とでもいえるくらいの充実さ! 赤ちゃん連れの方は、モーモールームでランチをするのオススメです(^^♪

こどもの国の基本情報・アクセス

基本情報

住所:〒227-0036 神奈川県横浜市青葉区奈良町700

電話番号:045-961-2111

入園料金:おとな・高校生 600円 /中学生・小学生 200円 /幼児(3歳以上)100円/3歳未満無料

開園時間:9:30~16:30(最終入園時間は15:30)※7~8月は17:00まで開園。(最終入園時間は16:00)

休園日:毎週水曜日(水曜が祝日の場合は開園)、12月31日、1月1日

公式HP:http://www.kodomonokuni.org/

アクセス

車:東名横浜青葉I.Cから約15分。駐車料金は900円

バス:小田急線鶴川駅から約15分

電車:こどもの国線「こどもの国駅」下車すぐ

まとめ:こどもの国は、0歳からでも安全に楽しめる子どもの天国!

こどもの国をオススメする最大のポイントは、子連れのことをしっかりと考えてくれているところ。

子連れに優しいポイント
  • トイレが20か所
  • 授乳室が4か所ある
  • 移動は園内バスのあかポッポ号を利用できる
  • 至る所にある売店と休憩所
  • アスレチックは年齢別に分かれている

園内は、スケートボードや補助輪なしの自転車などは一切持ち込みNG!なので、ぶつかる心配がありません。

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんも、歩きたい盛りの2歳児も、みんな安心して園内を歩くことができます。

 

「手を繋ぎたくない!」

「自分で歩きたい!」

 

という1歳11か月の息子も楽しんで園内を駆けまわっていました♪

年齢問わず楽しめるこどもの国に、ぜひご家族そろって遊びにいってみてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!それでは!