イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

小田原・箱根観光は「かまぼこの里」で決まり!お土産・ランチ・カフェ・体験も!

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里は子連れで楽しめるちょうどいい観光スポット

こんにちは、うさぎです。

 

私は暇さえあればすぐに箱根に行ってしまうほどの箱根好きです!そんな私が箱根に行く道中で、ついつい寄ってしまうのが、小田原にある鈴廣かまぼこの里。

 

かまぼこの里では、下記のことができちゃいます。

 

  • ランチができる
  • 食べ歩きができる
  • お土産を買える
  • ロマンスカーが見えるカフェでお茶ができる
  • 子どもがちょこっと遊べるスペースがある
  • かまぼこを作る体験ができる

 

少し時間をつぶしたり、子どもを遊ばせたり、ランチ・お茶をしたりするにはかまぼこの里は最適の立地&充実度!

 

そこで本記事では、ちょこっと寄るのにちょうどいい小田原市にある鈴廣かまぼこ里の魅力についてお話していきます。

 

箱根・小田原観光をする予定の方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

鈴廣かまぼこの里からスグ!!生命の星地球博物館も超絶オススメでっす!

www.itigonousagi.com

乳幼児連れならこちらもいかが?

www.itigonousagi.com

かまぼこの里ってどんなところ?

かまぼこの里は、ひとつの建物内に全てが揃っているわけではありません。下記の5つの建物があってその中に、食事処・お土産屋さん・博物館などが入っています。

 

  • 鈴なり市場(お土産屋さん・軽食・カフェ)
  • かまぼこ博物館(かまぼこ作り体験・かまぼこの歴史などが学べる)
  • 箱根ビールショップ(かまぼこをつまみに鈴廣の地ビールが飲める)
  • 千世倭樓(読み方はちょうわろう。割烹 潮の音・そば 美蔵のふたつの食事処がある)
  • えれんなごっそ(小田原の海・山の幸やかまぼこを使ったバイキングレストラン)

 

私は、かまぼこの里のメインともいえる、鈴なり市場とかまぼこ博物館に遊びに行ったことがあるので、本記事ではこの2箇所を中心にお話していきますね。

鈴なり市場でお土産を買おう

鈴なり市場では、かまぼこをはじめとしたお土産が買えます。 いつ行っても、鈴なり市場の店内は活気であふれてますねぇ。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里の鈴なり市場の店内

 会社やお友達、親戚のお土産も全部揃っちゃいます。

 

定番の板かまぼこ!それ以外にもジャムや干物・シーフランク・おつまみ系の塩辛なども置いてあるので、いろいろ見てまわるのもよいでしょう(^▽^)

ただ、お菓子系は売っていないのでご注意を!あくまでも、かまぼこメインということを忘れないでくださいね(^▽^)

食べ歩きを楽しむ

かまぼこの里の鈴なり市場には、かまぼこを食べ比べできるかまぼこバーや、種類豊富な出来立てのあげかまが食べられるお店「すず天」があります。

 

私は、あげかまのお店「すず天」で

 

  • 海鮮お好み
  • ポテとっと
  • おでん

 

を買って、当時1歳代の子どもと主人の3人で食べました。すいません、 写真を撮り忘れてしまったので、パンフレットの写真をご覧ください(;^ω^)

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のパンフレット

おいしそうでしょう?(^▽^)しかし…買いすぎちゃいましたね。

 

何よりもじゃがいもをすり身で包んだポテとっとのボリュームがすごくて、すぐにお腹がいっぱいに。

 

海鮮お好みはお持ち帰りしました。 どれもすり身のプリっとした感じが味わえておいしかったです。

 

おでんには大根や卵が入っているので、小さな子どもとシェアできるのがよかった♪ とはいえ、すり身ばかり食べていたのでちょっと野菜やお肉が恋しくなってしまいました笑

 

また、かまぼこの里の鈴なり市場で買ったものは、2階の鈴の音ホールで食べられる場合があります。

 

鈴の音ホールは、多目的ホールとして団体さん用に使われているみたい。 私が行ったときは、食事処として開放していたので自由に座って食事ができました(^▽^)

いちおし!ロマンスカーが見られるカフェと甘味処

私が箱根観光のときに、なぜ毎回かまぼこの里に立ち寄るのかというと、ロマンスカーが見えるカフェ・甘味処があるから!

 

もちろん「お土産を買いたいから」という理由もありますが、子どもが生まれてからはもっぱらこのロマンスカーが見えるカフェ・甘味処がかまぼこの里に行くメインの目的になっています。

 

ロマンスカーが見えるカフェ・甘味処は下記の2つのお店です。

 

  • 汐風カフェ
  • こゆるぎ茶屋

 

それぞれ紹介していきますね♪

汐風カフェ

汐風カフェは、かまぼこの里の端にある客席が全面ガラス張りになっている日当たり良好なカフェ。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里の鈴なり市場の汐風カフェからみえるロマンスカー

 みてください!窓の外からバッチリロマンスカーが♡ これには、当時1歳の息子も大興奮!

 

普段はイスにきちんと座っていられないのに、次々と目に飛び込んでくるロマンスカーや箱根登山鉄道に夢中になり、しっかりと着席してくれる息子。

 

(もちろん途中で飽きることは多々ありますが(;^ω^))

 

いつもよりゆっくりお茶ができたのは言うまでもありません♪

 

もちろん、汐風カフェのケーキやコーヒーもおいしいんですよ。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里の汐風カフェで食べたケーキ

私が頼んだのは、フルーツフルーツというタルト。ドリンクセットで670円です。

 

上に乗っているフルーツを息子と分けて食べました(^▽^)/

こゆるぎ茶屋

こゆるぎ茶屋は、小さなイートインがあるおはぎのお店。 全部で3席くらいあったかな?ちょっと腰掛ける程度のイスもあります。

 

オススメは、窓と向かい合って座る席です。こちらの席から、ばっちりロマンスカーや箱根登山鉄道が見えます♪ 

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のこゆるぎ茶屋からの箱根登山鉄道

かためのイスだし簡易的な席なので、長居するのには向いていませんが、ちょこっと休憩するにはもってこいのお店です。

 

こゆるぎ茶屋では、おはぎ2個と足柄茶のセット(540円)がオススメのよう。おはぎは、粒あん・こしあん・黒ごま・きなこ・足柄茶あんから選べます。

 

季節によって、限定の味も出しているみたい。私は、足柄茶あんときなこあんのおはぎを選びました。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のこゆるぎ茶屋で食べたおはぎと飲んだ足柄茶

箸休めのお漬物もついているのがありがたい♡

 

こゆるぎ茶屋のおはぎは、五穀米で作っています。しっかりとした歯ごたえのおはぎと、足柄茶がマッチしてとってもおいしかったです(^▽^)/

 

おはぎはお持ち帰りOKなので、お土産にもオススメですよ。

 

 

子連れでロマンスカーに乗るコツについては、こちらの記事をどうぞ

www.itigonousagi.com

子どもも楽しめるトミカかまぼこやプレイルーム

かまぼこの里には、子どもが喜びそうな場所が3か所あります。

 

  • 鈴なり市場のかまぼこキッズ
  • かまぼこ博物館の1階にある小さなキッズスペース
  • 3階の展示スペース

 

鈴なり市場のかまぼこキッズには、子どもが2人くらい入れる潜水艦の乗り物があったり、トミカのかまぼこ・リカちゃんのかまぼこが売っていたりします。

 

かまぼこ博物館の1階には、大きな階段が。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のかまぼこ博物館の階段

この階段のに下にほそーい通路があって、中に入れるようになっているんですね。中はまるで海のように青くて暗く、ライトアップされたお魚がたくさん泳いでいます♪

 

その名もこども水族館。小さなお子さんにはうれしいスペースですね。楽しそうに行き来している子どもたちを見かけました。

 

3階には、展示スペースがあって、日によってさまざまなイベントが行われているみたい。私たちがいったときは、かまぼこの板で遊べる広場になっていました。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のかまぼこ博物館3階の展示スペース

写真上のようにとても広々としているので、ちょろちょろする幼児連れにはありがたかったです(^▽^)/

触って楽しむかまぼこの歴史や作り方

かまぼこ博物館には、かまぼこの作り方を楽しんで学べる工夫がされています。 井戸の水くみ体験ができたり

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のかまぼこ博物館3階の井戸体験

 かばぼこの作り方を学んだり。

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里のかまぼこ博物館3階の石臼

その他にも、かまぼこに使っているお魚の展示などもあるので、楽しくかまぼこについて知ることができますよ♪

かまぼこの里の基本情報とアクセス

さいごに、鈴廣かまぼこの里の基本情報とアクセスを紹介しますね。

基本情報

住所:〒250-0032 神奈川県小田原市風祭245

電話番号:0465-22-3191

営業時間鈴廣蒲鉾本店 9:00~18:00

鈴なり市場 9:00~18:00

かまぼこ博物館 9:00~17:00

千世倭樓 [会席大清水](2日前までに要予約)昼席11:30~ 夜席17:00~ [旬の割烹潮の音](潮の音・梅の間)昼席 11:30~15:00(L.O14:00)夜席 17:00~(夜席は予約のみ) [そば美藏]11:00~17:00(L.O16:00)[茶房しゃざ]10:30~17:00(L.O16:00

えれんなごっそ ランチバイキング11:00~14:45(L.O14:00)スウィーツ&軽食バイキング 15:00~17:00(L.O16:00) 土日祝 ブランチバイキング 9:30~11:00 ランチバイキング 11:00~17:00(L.O16:00)

箱根ビールショップ 10:00~17:00

公式HPhttps://www.kamaboko.com/

アクセス

(電車) JR東海道新幹線・小田急線「小田原駅」から、タクシーで10分ほど。

箱根登山鉄道 「風祭駅」からすぐ!直結です。

箱根登山バス・伊豆箱根バス 「風祭停留所」を降りてすぐ。

 

(車)東名厚木I.C経由で小田原厚木道路箱根口出口の信号を右にまがり2分ほど。無料駐車場ありです。施設ごとに駐車場があるのがありがたい!

まとめ:かまぼこの里は、箱根・小田原観光の定番スポット!

ついつい箱根・小田原観光の際に寄ってしまうかまぼこの里。そんなかまぼこの里の魅力まとめです。

 

  • 箱根湯本まで車で40分・小田原まで10分。風祭駅直結という好立地。
  • お土産屋さん・レストラン・カフェ・博物館が楽しめる
  • カフェ・甘味処からはロマンスカーが見られる
  • かまぼこ作り体験ができる(対象年齢は小学生以上) ・
  • 幼児から楽しめるスポットもある(小さなキッズスペース)

 

箱根・小田原・熱海方面に旅行に行く際は、ぜひ鈴廣かまぼこの里に足を運んでみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。それでは!