イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

新江ノ島水族館レポ!ランチや子連れにうれしいポイントに割引やアクセスも

更新日:2019年5月24日

新江ノ島水族館の子連れにうれしいポイントとアクセス駐車場について

こんにちは、うさぎです。

 

独身時代はもちろん、子どもが生まれてから、何度も新江ノ島水族館に遊びに行っている私。

 

新江ノ島水族館は、カップルでもファミリーでも楽しめる魅力たっぷりなんですよ♡

 

そこで本記事では

 

  • 新江ノ島水族館の見どころ
  • 新江ノ島水族館のランチ情報
  • 新江ノ島水族館の子連れにうれしいポイント
  • 新江ノ島水族館の割引と駐車場情報

 

についてお話していきます。少しでも、新江ノ島水族館に遊びに行くあなたの参考になればさいわいです^^

新江ノ島水族館の見どころは?

まず最初に、新江ノ島水族館の見どころについてお話していきますね。

相模湾大水槽

新江ノ島水族館のメインともいえる大きな相模湾大水槽。

新江ノ島水族館の相模湾大水槽

 

相模湾大水槽は、少しでも自然の海に近づけるために、機械で波をわざわざ発生させているんです。素晴らしい^^

 

息子が赤ちゃんの頃は、ベビーカーに乗りながら興味深そうに水槽を眺めていましたが、2歳をすぎた今では、お気に入りの魚を見つけて大はしゃぎ!

 

約8,000匹のマイワシの存在感がすごかったです。ちょっと群れから離れてもすぐに戻っていくところがおもしろかったな♪

 

また、エイがとても人懐っこくて癒されました。人が集まっているところに自ら出向いてくれるんですもの。

 

おかげでこんな写真も撮れました。 

新江ノ島水族館の人懐っこいエイ

 

すりすりすり寄ってくれて、まるで犬とか猫のような感じ。かわいかったです♡

シラスサイエンス

シラスサイエンスは、シラスの成長過程をみることができる、とても珍しい展示です。

江ノ島名物のシラスを展示しているのは、新江ノ島水族館ならではですよね。

新江ノ島水族館のシラスサイエンス

 

 食卓で目にする機会が多いシラスですが、泳いでいるところを見たことがある人って、なかなかいないんじゃないでしょうか。

 

シラスがどのように成長していくかを見られるのがとても面白いですよ^^

クラゲファンタジーホール

まるで、プラネタリウムを彷彿させるような造りの、クラゲファンタジーホール。

新江ノ島水族館のクラゲファンタジーホール


さまざまな種類のクラゲを見て楽しめます^^

 

幼いころ、海で顔を刺されてからというものの、クラゲが怖くて仕方なかった私ですが…。

 

新江ノ島水族館のクラゲファンタジーホールに入ると、不思議とクラゲがかわいく見えてしまうんですよね笑

新江ノ島水族館のクラゲファンタジーホールのオレンジ色のクラゲ

 

ふわふわと揺れ動く姿がとても幻想的で、なんだかロマンチックな気持ちになっちゃうのも不思議。

 

ベンチも何か所かあるので、ゆっくりと座りながらクラゲを鑑賞してみてはいかがでしょうか^^

ペンギンとアザラシ

たくさんのお魚たちを見てまわってきましたが、2歳の子どもはちょっと飽きてしまった様子。

 

そこで登場するのが2階にあるペンギンとアザラシゾーン!

 

ここで子どものテンションが再燃です。

新江ノ島水族館のアザラシとペンギン

 

アザラシめっちゃぶれてます、ごめんなさい(;'∀')

 

アザラシもペンギンも人に慣れているんでしょうね。とっても近くに来てくれます。これには子どもも大喜び。

 

アザラシやペンギンって、大人が見ても相当テンションがあがりますよね。本当にかわいい♡

ショー

水族館と言えば、やっぱりショーは外せないですよね。 新江ノ島水族館のショーは下記の6種類。

 

  •  イルカとアシカのショー 「きずな」
  • 人とイルカのショー 「ドルフェリア」
  • 大水槽の中でおこなわれる 「うおゴコロ」
  • 水中のライブ映像とともに楽しむ 「フィンズ」
  • ペンギンショー 「ペングィーン」
  • くらげショー 「海月の宇宙(そら)」 

 

 どれも魅力的なショーですが、定番なのはやはりイルカとアシカのショーかな。人とイルカのショーは、音楽とダンスがメインのちょっと大人っぽい感じだった印象。

 

スタッフの方が大水槽に潜って行われる「うおゴコロ」や「フィンズ」も、珍しくていいですね。

 

イルカショーと違って屋内でのショーなので、暑い夏は涼しみながら鑑賞できちゃうのもおすすめのポイント。

新江ノ島水族館のショーのうおゴコロ

 

お兄さんが気持ちよさそうにお魚さんと泳いでいます^^

 

ちなみにイルカのショーの最中は、

 

  •  ペンギンやアシカの展示
  • 飲食スペース

 

 が空いてますので、ゆっくり鑑賞&食事ができるチャンスでもあります。

 

イルカのショー、土日はこれだけの人が集まるんです。

新江ノ島水族館のイルカのショーの混雑している様子

 

座席の確保はお早めに!

新江ノ島水族館内でランチできる場所

新江ノ島水族館で飲食できるスポットは3か所。

 
  •  湘南カフェ
  • スタジアムカフェ
  • オーシャンカフェ

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

湘南カフェ

新江ノ島水族館の湘南カフェの入口

 

 湘南カフェは、新江ノ島水族館のお土産屋さんに隣接するカフェ。

 

メニューは、

 

  •  フライドポテト(320円)
  • フライドチキン(350円)
  • ソフトクリーム(270円)
  • しらす丼(780円)
  • カレー(630円~)
  • ロコモコ(780円)
  • やきそば (680円) 

 

などなど。

 

新江ノ島水族館の湘南カフェのメニューのディスプレイ

 

私たちは帰り際に、フライドポテトとソフトクリームを食べました^^

 

館内には子どもイスや絵本も完備してあるので、子連れでも入りやすい雰囲気です。ポテトも塩抜き対応してくれました^^

新江ノ島水族館の湘南カフェのポテトとアイス

 

お手洗いもあるのですが、オムツ替えベッドはないので要注意。オムツ替えの際は、新江ノ島水族館内のトイレを使いましょう。

スタジアムカフェ

スタジアムカフェは、イルカショーが行われるスタジアムにあるカフェ。

 

メニューは、

 

  •  チュリトス (350円~)
  • えのすいタコ焼き(450円)
  • ポップコーン(310円)
  • ソフトクリーム(370円)
  • アクアサンデー(480円) 

 

などなど。

 

ランチとしてはちょっと物足りないメニューかもしれませんね。場所柄、ショーを観ながらつまむ程度のメニューを取り揃えている感じです。

オーシャンカフェ

オーシャンカフェは、カワウソが展示してあるすぐそばにあるカフェです。

 

メニューはこんな感じ。

 

  •  ホットドッグ(320円~)
  • 自家製厚切りチップス(340円)
  • カメロンパン(260円)
  • スパイシーチキン(400円)
  • ソフトクリーム(370円)
  • カワウソパン (260円) 

 

など。 おにぎりなども販売していました!

 

私たちは

 

  •  シラスホットドッグ
  • カメロンパン
  • 自家製厚切りチップス 

 

を食べてみました♡

新江ノ島水族館のオーシャンカフェのシラスホットドッグとカメロンパンと自家製厚切りチップス

 

観光地だとあなどるなかれ。 カメロンパン、すごくおいしい!!! 裏の成分表記みたら、添加物が入っていないし、パンはパサパサしていなくてしっとりだし、いい意味で裏切られました!

 

見た目もかわいいし、これはリピ買いします^^

 

そしてしらすドッグ。うん、普通においしかったです。なかに卵が入っていてクリーミー。2歳の息子が良く食べていました。

 

自家製厚切りチップスは、とっても薄味でよかった!

 

味は、塩やケチャップで自分で調整してねとのこと。 小さな子どもに配慮しているのかな?しょっぱいものはあげたくない、というママにオススメの商品です^^

新江ノ島水族館の子連れにうれしいポイント

続いて、新江ノ島水族館の子連れにうれしいポイントについてお話していきますね。

授乳室・オムツ替えベッド・ベビーカーレンタルあり

新江ノ島水族館内には、オムツ替えができる多目的トイレが4か所、授乳室が2か所、1階トイレにオムツ替えベッドがあります。

 

また、300円でベビーカーのレンタルもあり。7か月~2歳くらいまでの子が使用できるベビーカーなので、対象年齢ではない場合は持ち込むか抱っこ紐がおすすめです。

キッズスペースあり

新江ノ島水族館のおみやげやさんの一角に、なんと小さい子が遊べるキッズスペースがあります!

 

新江ノ島水族館のお土産屋さんにあるキッズスペース

 

とっても小さなスペースなのですが、子どもたちみんな大はしゃぎでした。

 

息子もあっという間に靴を脱ぎ、キッズスペースに突入!! 同じくらいの年の男の子と仲良く遊んでいましたよ^^

 

お父さんがキッズスペースで遊ぶ子どもを見ている間に、お母さんがお土産を買うこともできちゃいますね。とてもありがたいスペースだと思います^^

ふれあいプログラムが楽しい

新江ノ島水族館には、4つのふれあいプログラムがあります。

 

  •  イルカと握手 (先着30名500円)
  • ウミガメにタッチ (先着20名500円)
  • カピバラのごはん (10:00と14:00エサがなくなり次第終了 300円)
  • さかなにごはん (エサがなくなり次第終了 200円) 

 

とくにイルカとウミガメの触れ合いプログラムは大人気。あさイチで受付を済ますことをオススメします。

 

先日、2歳の息子は「さかなにごはん」に参加しました^^ さかなのえさはなんとガチャガチャで販売。

新江ノ島水族館のさかなのエサが入っているガチャガチャ

 

ガチャガチャを回すだけで、子どもたちは楽しそうでした♪

 

カプセルを開けると、粗い粉状のさかなのエサが入っているので、水槽のお魚たちにあげていきます。

 

新江の島水族館でさかなにエサをあげる子どもたち

 

夢中になって魚にエサをあげているのがとてもかわいかったです。エサは11時くらいには売り切れてしまったので、午前中に参加するのがよいでしょう。

タッチプール

相模湾の生き物である

 

  •  ネコザメ
  • ホンヤドカリ
  • イトマキヒトデ

 

などに触れられるタッチプール。

 

生き物たちが展示してあるプールが、子どもに合わせて低くなっているのがおすすめポイント。 小さな子どもでも、海の生き物たちに直接触れちゃいますよ♡

 

…なんて紹介している私ですが、実は一回もタッチプールに行ったことがないんです(;'∀')

 

なぜなら、タッチプールはわかりづらい場所にあるから!

 

館内の端にあるイルカショーが行われるスタジアムの階段、またはエレベーターを下らないとたどり着けないんですよ。

 

新江ノ島水族館のマップをしっかりと見て、ぜひともタッチプールに遊びに行ってみてくださいね。

開放的なオーシャンデッキ

新江の島水族館にあるオーシャンデッキ

 新江ノ島水族館2階にある、オーシャンデッキ。ここからは、江ノ島はもちろん、天気がいい日には富士山を見ることもできちゃうんです。

 

お弁当を持ってきて、オーシャンデッキで食べているファミリーもたくさん見かけました。

 

開放的な雰囲気がサイコーに気持ちいいですよ。 オーシャンデッキで食べものを食べるときは、トビに取られてしまわないように気をつけてくださいね。

豊富な体験学習プログラム

新江ノ島水族館では、さまざまな体験学習プログラムが行われています。

 

ロゼット(花飾り)を作ったり、ストーンアートをしたり、ガイドツアーに参加したり。

 

無料のプログラムもたくさんあるので、気軽に参加してみましょう^^

 

江ノ島の思い出作りができちゃうこと間違いなしです♪

新江ノ島水族館は、再入場で2度楽しめる

新江ノ島水族館は、当日に限り再入場ができます。

 

退場口で、手にスタンプを押してもらえば再入場可能!

 

私たちは一回水族館を出て、江ノ島観光にでかけました♪ 帰り際に再度、新江ノ島水族館に立ち寄り息子は大喜び!大満喫して帰路につきましたよ。

 

午前中は新江ノ島水族館で遊び、ランチは近くの大人気店イルキャンティビーチェで食べ、再びショーを見に戻る。 なんて回り方もできちゃいます♡

 

これも、新江ノ島水族館のまわりにたくさんの観光スポットや飲食店があるからこそできる遊び方です^^

 

江ノ島観光についてはこちらで詳しくお話しています。

江ノ島観光!食べ歩きグルメやカフェは?子連れ向けの遊び場もあるよ

新江ノ島水族館の駐車場とアクセス・基本情報

新江ノ島水族館の駐車場とアクセス・基本情報を紹介します。

駐車場とアクセス

(電車)

小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩3分ほど。

江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩10分ほど。

湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩10分ほど。

 

(車)

横浜新道、戸塚から国道1~134号線で16kmほど。

高浜台交差点を左折して、国道134号線で11kmほど。

新湘南バイパス茅ヶ崎海岸I.C.から国道134号線で10kmほど。

 

新江ノ島水族館近くの駐車場はぜんぶで3か所。

  • 県立湘南海岸公園中部駐車場
  • 片瀬海岸地下駐車場
  • 江ノ電駐車センター

です。 いちばんオススメなのは、片瀬海岸地下駐車場かな。

 

地下なのでカンカン照りの中に停めなくていいし、駐車料金も1日最大1,680円とオトク。

 

私たちは今回、県立湘南海岸公園中部駐車場に停めたのですが… 1日最大2,080円とちょっと割高だったし、えのすいから少し離れていましたから(;'∀')

 

片瀬海岸地下駐車場が満車だったので仕方なくです…。

基本情報

住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

電話番号:0466-29-9960

入園料金:大人2,400円/高校生1,500円/小・中学生1,000円/幼児(3歳以上)600円

営業時間:3月~11月9:00~17:00/7月13日から8月9日9:00~20:00/ 8月10日~8月18日8:00~20:00/8月19日~8月31日9:00~20:00/12月~2月10:00~17:00

公式HP:https://www.enosui.com/

新江ノ島水族館の割引クーポンは?

さいごに、新江ノ島水族館の割引クーポンについて紹介しますね。

 

新江ノ島水族館の割引クーポンって、たくさんあります。ありすぎてわけがわからないくらい(゜o゜)なので厳選してオススメをご紹介。

 

一番オトクなのは、年に2回行けばもとがとれる年間パスポート(大人4,800円)なんですが…

 

「2回も3回もいくか、わからない!」

 

という方には、無難に【エポスカード】 がおすすめ。

 

新江ノ島水族館の窓口で提示するだけで、2,400円が2,160円になります。

 

 

各電鉄で江ノ島鎌倉フリーパスを購入しても10%引きの2,160円になるので電車で来られる方は覚えておくとよいでしょう^^

 

また、パスミーでは、

 

  •  新江ノ島水族館&江の島 展望灯台セット券3,150円が2,900円
  • 新江ノ島水族館&よこはま動物園ズーラシアセット券3,200円が2,880円 

 

になるオトクなセット割引もあるので、一度覗いてみてくださいね。

まとめ:新江ノ島水族館は子連れでもデートでも楽しめる観光スポット

新江ノ島水族館は、老若男女みなさん楽しめる観光スポットだと感じました^^

 

子連れにうれしいサービス(授乳室・キッズスペース・魚とのふれあいなど)はもちろん、ファンタジークラゲホールのようなちょっとロマンチックな場所があるのも魅力。

ぜひ、一度とは言わず、2度3度と新江ノ島水族館に足を運んでみてくださいね♪ (年パスは2回来館すれば元が取れます!)

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。それでは。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。

【神奈川遊び場まとめ】現役子育てママが教えるおすすめ子連れスポット11選 

箱根に子連れで泊まる!オススメの宿5選!【旅行好きママが伝授】