イチゴのうさぎ

旅行・おいしいお店・1歳児の子育てについて発信する雑記ブログです

雨の日の子乗せ自転車どうする問題!レインポンチョ買ってみたよ!

雨の日の子乗せ自転車に乗るためにレインポンチョを買った
こんにちは、うさぎです!

息子が1歳になったときに子乗せ自転車を買ったものの、雨の日には運転したことがありませんでした。 しかし、来年から幼稚園のプレも始まるということで、雨の日の送迎も視野に入れなければいけないことに。

 

ということでさっそく、雨の日の子乗せ自転車用にレインポンチョを買ってみました(^^)/ 本記事では、レインポンチョの使用感についてお話していきます!

 

「雨の日の子乗せ自転車、どうしよう…」と悩んでいるママさんの参考になればさいわいです(^▽^)/

 子乗せ自転車のチャイルドシートカバーの記事はこちら

www.itigonousagi.com

 私が乗っている非電動子乗せ自転車ふらっか~ずシュシュの記事はこちら

www.itigonousagi.com

ルルクチュールのレインポンチョを購入

私が購入したのは、こちらのルルクチュールのレインポンチョです。

  • 通常価格 1,980円 (税込)
  • 送料無料

 

という点にひかれて、ポチリ。

 

色が7色あったので悩みました。普段は派手な色を選ぶクセがある私ですが、「幼稚園という、ほとんど女社会の中で目立ったらヤバいんじゃないか…」(考えすぎ)なんて考えが頭をよぎり、結局控えめなネイビーを買いました。

レインポンチョを着てみた感想

 さっそく着てみました。

ルルクチュールのレインポンチョを着て表を向いている

ルルクチュールのレインポンチョを着て後ろを向いている

後ろ

部屋の中で着てみると、なんだか不思議な感覚に襲われますね笑

レインポンチョを着た感想は、

 

  • 重くてしっかりしてる
  • 袖と丈が長い(参考までに、私は身長158cmです)
  • 顔部分が結構隠れる

 

こんな感じです。雨の日に着てみましたが、重さはそんなに気になりませんでした。顔が結構隠れるので、お化粧崩れも最小限に抑えられます。

 

また、うしろに反射材がついているので薄暗いお天気のときも安心だなぁと思いました。

雨が入ってこない作り

実際にレインポンチョを着てみると、細かな仕様が雨をカバーしてくれるんだとわかり、感心しました。

 

  • ボタンやチャックがないので、雨が浸入する場所がない
  • 丈が長い
  • 襟元を紐で調節できる
  • 手首の締め付けがしっかりとしている

 

上記のことを踏まえると、自転車運転中に服や体に雨がつたってくる心配がありません♪ポンチョっていいですね。頭からかぶるだけだからラクチンだし、丈が長めなのでスッポリ包まれて安心感もあります笑

 

また、ボタンがあると出来てしまう隙間もないので、濡れないんですね。 そして襟元にはこのような紐がついてます。

ルルクチュールのレインポンチョについている紐

自分の首に合わせて紐をキュっと締めて、マジックテープをしっかりと止めると、首元・顔をシッカリとカバー。もちろん髪の毛も濡れませんよ~♪

大きめなのでリュックも背負える

私が思うレインポンチョの一番のメリットって、リュックを背負った上からそのままスポッと着られることだと思うんです! 当たり前ですが、普通のレインコートの上にリュックを背負ったら濡れちゃいますよね(:_;)

 

子育て世代のママさんは、リュックを愛用している方が多いはず。私も産後からずっと、息子と共にリュックでお出かけしています。

 

子どもを自転車に乗せたら、リュックを背負ったままレインポンチョを着て、出発!!バタバタな雨降りの朝、少しでも時短できたら最高だと思いませんか?(^▽^)/

 

 

キレイ目ママさんにもオススメのマザーズバッグです。よかったら覗いてみてください。

めくりあがらない

ペラペラのレインコートって、自転車に乗っているとめくりあがってきちゃうことがあります。このレインポンチョは現物を手に取って購入したわけではないので不安だったのですが(安いし)、大丈夫でした!!

 

ペラペラというか、むしろ重い!笑  重いといっても、疲れる重さではないので安心してくださいね♪適度な重さで、めくれ上がる心配が全くありません!自転車運転中に、レインコートがめくれて気が散ることもないので安心です。

化粧が落ちにくい

ツバがふにゃ~っとならないので、顔を雨から守ってくれます。真横に雨が降ってきたり、台風のような暴風雨に運転したりしたらアウトだと思いますが、普通の雨ならまぁ大丈夫。

 

雨の中レインポンチョを着て自転車に乗っても、私はメイク崩れはそこまで気になりませんでした。 とはいえ、顔の全面を覆っているわけではないので、多少雨がかかるのは仕方がないかもしれません。

 

 

「絶対に雨が顔にかかるのはイヤだ!」 という方は、顔をすっぽり覆ってくれるのサンバイザーの購入を視野にいれてみるといいかもしれませんね。

気になるところ

続いて、正直にルルクチュールのレインポンチョの気になるところをお話していきますね!

ツバのフィルムがはがしにくい

これ、ちょっとイラっとしました笑  ホームページに、「ツバにフィルムが貼ってある場合があるので、その場合は剥がしてください」って書いてあったんですよ。

 

そして届いたレインポンチョのツバにフィルムが貼ってあったので剥がそうとしました。

 

えぇ、剥がそうとしたんですが…

 

剥がれない。

 

どこから剥がしていいのかわからなかったので、ツバの真ん中らへんを爪でガリっとひっかいてみることに。するとポロポロとフィルムが剥がれはじめました。

 

結果的に全て剥がすことはできたのですが、ひっかいてしまったおかげで、ツバに少し傷がついちゃいました。 そんなに目立つ傷ではないので問題ないのですが、人によっては気になるかもしれませんね。

 

※私の剥がし方が悪かっただけという可能性も否めません笑

裏側の裁縫が荒い

裁縫、荒いです。

ルルクチュールのレインポンチョの裁縫
だけど、荒いのは内側だけ。着てしまえば全く気になりません。しっかりと頑丈に作られています。

 

裏側なんてそんなに見る機会ないし、このお値段で問題なく着ることができればいいか(^_-)-☆ と割り切れる方であれば(私です)、そんなに気になる点ではないと思います。

オシャレ感がない

正直に言うとこのレインポンチョ、オシャレ感は全然ありません! 私はどちらかというと、普段でもかわいい服を着たいタイプなのですが、レインポンチョには機能性・安さのみを求めました!

 

だってオシャレなレインコートを着たとしても、中の洋服が濡れてしまっては意味がないですもん。

 

「レインコートもオシャレなのを着たい!!」という方には、こんなのいかがでしょうか?(^▽^)今回紹介したレインポンチョよりお値段は張りますが、機能的にもオシャレ的にもなんだかよさそうです。

まとめ:機能性が高いレインポンチョはレインコートよりもオススメ!

ついこの間まで赤ちゃんだった息子が、幼児になるまでの時間は本当にあっという間でした。これから自転車に乗る機会がグングン増えるっていうときにレインポンチョを買って本当によかったです。

  • 幼稚園のプレ
  • 幼稚園・保育園の送迎
  • 普段のお買い物

 

などで子乗せ自転車に乗るという方は、ぜひレインポンチョの購入を検討してみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました!それでは!